海外交流

2007年 露日協会25周年記念
 

「日本文化の夕べ〜女優城谷小夜子 in エカテリンブルグ」

このたび、2007年11月1日〜11日まで、ロシア・エカテリンブルグほかへ日本文化を紹介する。
すべてのプログラムは城谷小夜子がひとりで演じます。和の輪理事の一人である森本滋子が同行します。この文化交流は、露日協会の25周年を記念して企画されたもので、エカテリンブルグ支部の会長であるマリーナ・ゴロミドワ先生(ウクライナ大学教授)が、ぜひとも城谷小夜子を招きたいとの強い希望により実現することになった。
城谷小夜子は、7年前からマリーナ先生と交流関係があり、すでに過去2度の文化交流を果たしている。
今回は、エカテリンブルグだけでなく、いくつかの都市へも行き交流を深めてくる。
それに先立ち、10月23日(火曜)に、東京で、ロシア公演のプログラムをお披露目する会を催す。ロシアでの公演プログラムは次の通り。


プログラム(1時間30分)
(1) 浄瑠璃弾き語り  八百屋お七(おひち)城谷小夜子こと竹本初丸
(2) 着物の着方  城谷小夜子
(3) 日本舞踊 城谷小夜子
一 寿三番叟(ことぶきさんばそう)
二 チャイコフスキー「白鳥の湖より 白鳥の踊り」
三 ロシア民謡「モスクワ郊外の夕べ」
(4) 日本の江戸時代の早口言葉(世界一長い早口言葉)城谷小夜子
(5) 歌舞伎の立ち回り  城谷小夜子+ロシア俳優
- 休憩(15分) -
(6) 日本舞踊のワークショップ 観客の皆様に体験してもらいます。
(7) 歌舞伎の立ち回りのワークショップ  観客の皆様に体験してもらいます。
(8) みんなで歌おう
一 日本の歌 「夏の思い出」城谷小夜子が日本語で歌う
二 日本の歌「恋のバカンス」城谷小夜子が日本語で歌う
三 ロシアの歌「カチューシャ」会場中の観客の大合唱
(9) みんなで踊ろう
日本の盆踊り「東京音頭(とうきょうおんど)」 観客に舞台に上がってもらって輪になって踊ります。
お披露目会の詳細は、別発表します。どなたでもご参加いただけます。

「マラトさんからチェラビンスキでの公演の詳しい内容が
届きました。」

城谷小夜子様
  こんいちは!ポスターの内容は「かぶき劇場の日本の女優Shirotani Sayoko;きものショー、民族舞踊、歌」ということです。また、日本語で「日本の心」と書いてあります。
開始は11月7日(水)、18時です。
ChelyabinskはEkaterinburgから200キロぐらいで、南のほうです。人口は100万人ぐらいで、工業町です。その劇場は「プロコフィエフ記念コンサートホール」といい、450人の席です。
小夜子さんのショーの切符の値段は200ルーブルから600ルーブルまでです。8ー24ドルで、そんなに高くはないが、安くもないです。
場所はミアス川の側、町の中心で、近くに歴史博物館やオペラ劇場があります。普通、きれいな場所だが、今の所、そこの辺り、橋の工事があります。
  また会えると嬉しいです!Chelyabinsk滞在は何日できますか?家にいくらでも泊まってもいいです。また、Chelyabinsk演劇大学へ訪問はどうですか?

それでは、

Do Svidaniya、 Maratより  10月27日
 


露日協会二十五周年記念 エカテリンブルグ舞台公演《お披露目会》
ロシア・エカテリンブルグ公演同行記
ロシア文化交流の写真 「折り紙が大人気」

▲pagetop



ロシア公演
2007 10 日本の心