過去の交流

香港大学からの留学生に日本文化披露] 
香港大学で日本文化紹介

香港大学からの留学生に日本文化披露
2003年8月7日、代表の城谷小夜子が、香港大学で日本語を学んでいる社会人学生25人に、2時間に渡り日本文化を紹介した。

これは外国人向けの日本語の教科書を出しているスリーエーネットワークさんからの依頼で実現したもの。
今回のSARSにより、来日が遅れたが、25人の日本語を学ぶ学生たちは、和の輪が提供するプログラムを大いに楽しんだ。付添い人で先生のTam先生は、「今回の10日間の短期留学最高のプログラムだった」と大感激。「香港大学へ是非来て下さい」と、話がはずんだ。近い国だし、和の輪は、まさにそのことをやりたいと思っているので、実現に向けて話を進めたい。

【当日のプログラム紹介】
(1) 着物の着付けと帯のデモンストレーション 驚きの帯結び。
(2) 歌舞伎の立ち回り 4人の学生さんに体験してもらいました。
(3) 発声と発音「あえいうえおあお かけきくけこかこ・・・・」濁音。 みんな発音がぐっとよくなりました。
(4) 外郎売り(ういろううり・江戸時代の早口言葉) みんな難しいのによくがんばりました。
(5) ゲーム二つ 「あっちむいてほい」「とんとん1、2」 これは難しいけど楽しかった。大評判。
(6) 歌「しあわせなら手をたたこう」 みんな知ってたね。

みんなとても楽しく日本語と日本文化を体験できたと大好評。今度は香港大学でやってくださいと話が弾んだ。
きっと実現させたい。
▲pagetop



速報!
11月香港大学に行き、日本文化紹介させていただいてきます。
先月、日本への短期留学に来ていた香港大学生さんたちに、授業をさせて頂いたのが大好評で、11月に香港大学に招かれました。

「日本文化の夕べ」のパフォーマンスと、日本語学部での授業を提供してきます。世界の人に、日本語と日本文化を伝えるのは、和の輪の本業です。

このきっかけを作ってくださった、(株)スリーエーネットさんに感謝します。
▲pagetop


香港大学 主催 
スリーエーネットの高井社長と



香港大学 今度ベトナムへ日本語を教えに行く飯塚先生と