過去の交流

和の輪通信2
ロシアでの出会い〜そしてハリウッドへ

和の輪応援いただきましてほんとうにおおきにぃ。
3月22〜4月1日まで、ロシア 2都市へ文化交流に行ってまいりました。

9年前から関わっていますサンクト・ペテルブルグの演劇大学から舞台依頼の招待状が来たので、喜んで出かけました。行ってびっくり。
創立225年祭で、しかも25年に一度お祝い会とのこと。
この次は25年後です。私は1779年に出来たこの演劇大学の日本人第1号の先生です。
「心中天網島」と、ワークショップをやりました。
ロシアのセルゲイ先生夫妻、エール大学のディビッド先生と、ひしと抱きあって再会を喜びました。
4人で食事しました。
会話の弾む美しい夜でした。
またエール大学で教えたいと思いますし、日本で再会したいと思います。
オランダのガーリア博士、演出家で女優のデンマークのソーニャ先生。
友情の始まりです。
学長は変わっていなくて、うれしかった。
「サヨコさんはまるでうちの学校の先生のようだ」


すごい出会いは、マリンスキィ劇場で観世能の上演があったこと。
行きの飛行機で狂言の山本東次郎先生と話せました。坂井音重先生、山本先生の舞台は迫力で、あの大劇場の空間が十分満たされていました。ロシアの人たちも大喝采!
日本文化には哲学があり美しい。確信とパワーを貰って帰国しました。

世界は狭い、世界は広い。
5月は北陸での「心中天網島」の初旅です。そして、すぐにハリウッドのNOHO演劇祭に武田保子さんと川口真理さんと行ってきます。日本からは初参加だそうです。

どこかでお会いしてお話できますのを楽しみにしています。
変わらぬご後援、和の輪一同感謝いたします。
どうぞお体お大切に・・・・お元気で!

4月吉日
                      和の輪  城谷小夜子

★メルマガ「ツイてる和の輪」(月2回発行)も4月からはじめました。HPから登録お願いします。
http://www.wanowa.org/ja/magazine/index.html


近松門左衛門は、福井県鯖江生まれ。
  03年12月に証拠が出て確定!

▲pagetop



サンクト 225年祭のお祝い会


サンクト  日本の芝居と
ワークショップ参加者


パキスタン料理を楽しむ
セルゲイ夫妻とディビッド先生


オランダのカリア博士(左)と
俳優のソーニャ(デンマーク)


アカデミィ学長


舞台公演チケット