古事記を学ぶ

古事記研究会
●とき: 2012年4月29日(日)
●じかん: 午前11時?午後3時(ランチご持参ください)
●ところ: 米津千之先生宅
●参加費: 2500円(和の輪会員2000円)
●参加方法:

メール下さい

info@wanowa.org

sayoko3@jeans.ocn.ne.jp

●内容: 阿部國治先生の解釈された「古事記」を1章節ずつ研究します。
  毎回考えさせられる内容で、1300年前の日本人の知恵と思想がわかり、みなで感心しています。
  生きるとはなにか、前向きになれる心洗いの時間です。
  むつかしくありませんので、どなたでも興味のある方はご参加いただくことが出来ます。
●講 師: 米津千之先生(和の輪顧問 99歳)
●行き方: 東京都練馬区中村北4丁目 (富士見高校を塀沿いに歩くと丁度裏になりますが米津宅があります)
西武池袋線「中村橋」下車 徒歩5分
  http://yahoo.jp/hy4-YV

※当日、わからなかったらお電話ください。090-2481-9520

  2012年01月18日 13:39
▲pagetop
次回は、2010年12月23日(木)・1月は3日(月)

2010年の古事記研究会
12月23日(木)
11時?午後3時
米津先生宅 
会員は2000円(一般は2500円)
短歌を詠みます、
時間があれば瞑想します。
★おひとり1000円程度のプレゼントをお持ち下さい。交換会をいたします。

来年2011年は、1月3日(月)から始まります。
新年のあいさつもしますので、どうぞおいでください。
時間はいつもの通り11時?午後3時です。
米津先生のおたくです。
場所の確認は、047-388-3841にお問い合わせください。


百人一首もいたしましょう。

  2010年10月10日 22:44
▲pagetop
2010年8月28日(土曜)にあります

ご無沙汰しています。
ごめんなさい。舞台公演が立て続けにあり、
どうしても日程が取れませんでした。
8月28日(土曜)に久々に古事記研究会を開きます。
米津先生はお元気です。
ご安心ください。
先生は、みんながそろわないとお話しされませんので、
お願いします、遅刻せずにおいで下さい。
時間は、午前11時から 午後3時まで。
瞑想もやりたいと思っています。
ランチはご持参下さい。
場所わからない方は、ご連絡下さい。047-388-3841です。
【参加費】会員は2000円 一般の方は2500円です。

9月もやります。9月18日(土曜)の予定です。

  2010年08月10日 21:27
▲pagetop
短歌集

わが身こそ きたなきこころ 在りせしも うるはし目ざす よろこびありき 志乃田
木枯らしにいちょう闇期の大通り 一夜のうちに黄金 散り敷く  あや
年ごとに 寒さ 身にしむ 霜の朝  あや
うつし國 いつのをたけび ひのかみの み心受け手 今日より生きる  ゆみ
わが心 乱れ乱れて 現世の いつのをたけび ひのかみにいのる  ゆみ
神々の 心を己が生命とも やさしく明るく 示したまえり  千之(阿部先生をたたえて)
うちに外に すくな様をば 仰ぎつつ よき國造りを なさりし大神  千之
「おまつり」と「みたましずめ」を自らの 心に課して日々を過ごさん   あかね
「おひかり」を学び我が「おこなひ」をかえりみて 日々の安全に 感謝する今  あかね
自己のなか まことは なにぞ? 夫(つま)や子の ひかりに おもいめぐらせる   ひこ
真っ白で 歌かけずにいる 古事記会 みんないそいで おまつりだよね  もろい
くりかえす 教えのパワーをあびながら わきわいわいに いつくしみあう  もろい
人は皆 うまれながらの世界から まいのぼりせば 人となりえる  たくあん
なきいさち 不平 癇癪 いろいろと みたましずめて まいのぼりする   たくあん
まいのぼり 様々な心の矛盾 みつめつつ みたましずめて「ひ」にまいのぼり  ハルニャン
地球(ここ)にある すべての命を思いつつ みたましずめの 部屋を掃除す ハルニャン
わがこころの 関門通り 高天原 正々堂々と まいのぼりたし    ゆみ
師の教え 心にとめて この一とせ 楽しく都度言う古事記の会  ゆみ
うるわしき ひととなりたし のぞめども わがあやまちを天は ゆるすや   小夜丸
うるわしと きたなきこころ 知りし今日 過去はかえらず 過去振り返り   小夜丸
おまつりや 人われともに 光ある  身と喜ばん 朝な夕なに  小夜丸
ひとはなに ひのてることろ いのちなに いのりといわい 血となりながる  小夜丸
ごうまんと 不平の心は おなじだと 知る晩秋の コーヒーにがし   小夜丸
ととのわぬ 子とのくらしの50年 不思議なえにしで 今日ここにあり  あや
エコエコと 弐尾耳にする ことばなれど 農業はなれ はや3/40年  あや
ひかりあれ 吾子の苦しみ日々に想う 親なりしかど 祈るほかなし  わ子
一山越え 二山越えて すすみゆかん 我が日の本の國 弥栄えあれ  わ子
その昔 父より受けし 教え草 ことばなくして 我に伝わる  あや
なきいさち ひとつ克服できたれど まいのぼりには まだ道遠し  あかね
現世の 悩みに比べる ことと知る  我は我とおもひ心鎮めん  あかね
紅葉の伊勢への旅は我が奥の ひの存在を 感じつつ行く  宙
なきいさち 我が捨てぬけ出し まいのぼり ひじりとなりて 宇宙の為に  宙
その昔 親の心と知らずして 子が六十路なる 今を感謝す  あや
小さくて 弱くて 偉大 孫の力 まわりを照らす 我がすくなさま  ひこ
老僧死 南無の会にて三〇年 光をあびて 今のわれあり   もろい(松原泰道さんを偲んで)
何回も 亭主関白 言うけれど 神に仕える 愚直さをみる  もろい(三浦綾子記念館にて)
今はただ 赤子のごとき 姑(はは)なれど いのちに寄り添い 生きむとおもう  あかね
はずかしや オレがオレがという我を 見ている神あり いやしい我が目を  小夜丸
自らを 信ずる力と  信ぜざる 力の泉 一つから出ず  小夜丸
善きことを 己がなしたなど 想うなよ  みな少な様の みめぐみの業(わざ)  小夜丸
草むらに 守られて咲く 朝顔に 10月 半ば はげまされつつ   あや
ねむくなり 一人ねむれば まくらべに 子猫が一緒に ねむりていたり  千之
わざわいと もつれの源(もと)ぞ なきいさち ひとと生まれしことを 言祝ぐ 小夜丸
古事記から 受け日とまなび これからも 自然なこころで 歩んでいかむ  智子
元旦の 晴れやかな空 あおぎみて 神にいのるは 平穏な日々  あや
みずからをかがやき ひかり いの力 この1年を あゆみゆかんと  ゆみ
師とあおぎ 友と語らい 古の 教えに こころ うちふるえるらん  ゆみ
人の世の想い楽しき うけひのこころ 想い想われ 生きんとぞ 思う  壱裕
新年を 傘寿とともに 和の友と 健康なわれ 山登り行く   素呂
幾山河 声来たりなば 吾のが身の 幸せ思い 夫(つま)に感謝す  素呂
わが言に とげのありしか ときどきは 夫(つま)の叱責 素直にうけざる  わ子
良きことばに この一とせを いきゆかむ 素直なれかし 日々を重ねむ  わ子
天に聞く 大事なことを うけもちて 見事に生きたし年の初めに 小夜丸
正月にうけひまなびて 天にきく みごとな生き方 きたなき生き方  小夜丸


  
 

  2010年05月04日 13:48
▲pagetop
2010年(平成22年)5月6月の「古事記研究会」はお休みです

お知らせ

2010年(平成22年)5月と6月の古事記研究会はお休みです。

7月の日程は追ってお知らせします。
どうぞよろしくお願いいたします。

短歌
なきいさち しているかぎり みえぬかは あめのやすかは いとひのかわよ  小夜丸
神集い 神はかりたる やすかわの むすびたしやな みそぎしたのち   小夜丸
年かさねるごとに いとしさまさりくる こころきよめる 桜花かな  あかね
平らかで やすらかなこころ のみならず 力も与ふ あめのやすかわ あかね
おのおのも 身を立てんとし 仰ぎ見る 神々のあそび たまいし天のやすかわ 千之

 

 

  2010年04月30日 20:20
▲pagetop
新年度が始まります。4月は17日(土曜日)です 日程確認下さい

平成22年度の古事記研究会が始まります。
4月は17日(土曜日) 日程をご確認下さい。
新しい方も受け入れています。1回だけの参加もOKです。
「古事記」に興味のある方の参加を募集します。
【ところ】 米津先生宅 
【じかん】 午前11時?午後3時 (昼食持参下さい)
【ないよう】 米津先生のお話 約1時間
       「あめのやすかわ」阿部國治先生による新解釈。
       感想を述べあいます。
       短歌作り
       時間があれば瞑想します。
【参加費】 和の輪会員は2000円 一般の方は2500円
【申し込み】 必ずお電話またはメールで確認にして下さい。
         電話は047-388-3841   メールはinfo@wanowa.org
   
                  ☆毎月1回土曜日に勉強しています。情報はインターネットで

  2010年03月06日 16:33
▲pagetop
2010年(平成22年)2月は、13日(土曜日)に変更です

2010年(平成22年)2月は、13日(土曜日)に変更です。

阿部國治先生の新解釈古事記伝を毎月一章ずつ、ゆっくり学んでいます。
阿部先生に直接習われた米津先生(元学芸大学教授・国文学者)の
原文読みをおそわりながら、人生を考えています。
初めてのかたもどうぞお入り下さい。古事記を楽しく学びましょう。

連絡先は info@wanowa.org
または 047-388-381へお電話ください。
【とき】  2010年2月13日(土曜日)・・・・変更になっています。御注意下さい。
【ところ】 西武池袋線「中村橋」 徒歩5?6分 
      米津先生宅
【じかん】 午前11時?午後3時(昼食持参下さい)
【2月の内容】 あめのやすかわ
【参加費】 和の輪会員 2000円 
      一般 2500円
      (当日和の輪会員になることも出来ます。年会費は
      正会員12000円 ※月1000円
      賛助会員は6000円 ※月500円
      法人会員は36000円 ※月5000円 です。)

★米津先生の講話があります。そして、短歌を作ります。お心肥やしです。

  3月はお休みです。

  2010年01月31日 15:32
▲pagetop
2010年1月3日が新年 第1回目の研究会です

2010年も阿部國治先生の解釈による「古事記」を学びます。
初めてのかたも、どうぞお気軽にお出でください。
日本人のルーツともいえる古事記を学ぶことにより
一人一人のこれから先の生き方を考えています。

【日時】1月3日(日曜日)
【じかん」】11時から午後3時
【場面】 「うけひ」の場面を学びます。
【場所】米津先生のお宅にて
【行き方は】 西武池袋線「中村橋」 徒歩5分程度
【住所は】 東京都練馬区中村北4?14(富士見高校の裏です)
【連絡は】 047-388-3841 お電話にてお答えします。
【参加費は】 和の輪会員様は2000円 一般の方は2500円です。

新年ですので、短歌もつくります。そして、百人一首で遊ぼうと思っています。

2月は13日(土曜)「あめのやすのかわ」を予定しています。
2月は日程が13日に変更になりました。

 

 

  2009年12月30日 14:37
▲pagetop
12月は19日(土曜)研究会&望年会

古事記研究会&望年会  

12月19日(土曜)

 【所】米津先生宅

(西部池袋線「中村橋」徒歩5地図送りますよ)

【じかん】11時?午後2時「いつのをたけび」

※昼食持参下さい

【じかん】午後2時?4時  米津先生のお話&望年会

   (千円程度のプレゼントお持ちください。交換会やります。)

参加費】 和の輪会員2000円 (一般2500円)

申し込み・問い合わせは】電話 047-388-3841

       またはメールでinfo@wanowa.org   

☆ 1月は3日(日)「うけひ」

☆ 2月は27日(土)「あめのやすのかわ」 

  2009年12月08日 22:54
▲pagetop
第9回 阿部解釈古事記研究会 11月は28日(土)

第9回 阿部解釈古事記研究会 11月は28日(土)━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
11月も元気に学びます。
目からうろこの阿部先生の古事記解釈。
面白い!本当に面白い!11月は「まいのぼり」を学びます。
1回だけの参加もOKです。短歌も作り、瞑想も時間があればいたします。

 【とき】11月28日(土曜)
【じかん】11:00?15:00
【ところ】米津先生のお宅 西部池袋線「中村橋」徒歩5分程度
【参加費】和の輪会員2000円 一般2500
【参加方法】お電話またはメールで 0473883841info@wanowa.org 和の輪
★ランチ持参くださいね。

  2009年10月26日 00:10
▲pagetop


バックナンバー
バックナンバー一覧
城谷小夜子ができること「ヘルス・アート」「講演」「企画」