和の輪からのお知らせ
第6回バイオレゾナンス(波動)医学会全国大会
お誘い
 

みなさまお元気ですか。
バイオレゾナンス医学会のお誘いです。

レゾナンス理論とは、
「全ての物質は固有の周波数で振動している」

この理論を治療に生かし、病気を治していこうという目的で
バイオレゾナンス医学会が設立されました。

西洋医学の医者、歯科医師が中心になり、薬剤師、獣医、鍼灸師、看護師など、医療に従事している人たちが日夜バイオレゾナンスの研究に、邁進されています。

健康を考えるすべての人にこの医学会の全国大会をお勧めします。

理事長は、矢山利彦先生。
私は椎間板ヘルニアの治療で23年前にお世話になり、そのころから矢山先生の気の研究と、西洋医学と東洋医学を融合させた医学の研究に注目してきました。
私の、絶対治らないと思われた椎間板ヘルニアは、矢山式気功と東城百合子先生の食事療法と生活の見直しで、手術しないで完治しました。

舞台女優としての自分の体験からも人間はエネルギー体であること、そして、人間は治るように出来ている、ことを実感しています。

人は必ず死にますが、寿命いっぱい生きれば良し!元気で生きたいと願います。

天外司朗先生は、ロボ犬アイボの生みの親。ものすごく面白い体験をされています。

天外先生と矢山先生が出会われたことでこの医学会も「人類に貢献する」目的を成就すべく発展を続けています。

詳しくは、こちらをご覧ください。

http://www.bio-resonance.jp

では、当日会場でお会いしましょう。
問い合わせは047-368-1361和の輪へ

2015年6月5日
NPOグローバルシアター和の輪代表
和の輪鍼灸院 院長
城谷小夜子




第6回バイオレゾナンス(波動)医学会全国大会

第6回バイオレゾナンス(波動)医学会全国大会

公演チケットはこちら