過去の記録

  賢女手習並新暦

賢女手習並新暦 出演者の横顔&一言

城谷小夜子(しろたにさよこ)
NPOグローバルシアター和の輪代表・女優/松戸市在住
京都出身。明大英文科中退。前進座養成所卒。前進座1976年入座2000年退座。2001年「童門冬二の世界」で旗揚げ公演。海外での主な活動は、サンクトペテルブルグ演劇大学、エール大学大学院、香港大学、台湾大学、ユネスコITI世界会議等で日本伝統文化を教え好評を博す。心理療法カウンセラー資格。藤間流名取。平成17年竹本初丸の名前を竹本初美師匠より許され女流義太夫となる。「心中天網島」の演技で平成16年度大阪文化祭奨励賞受賞。主な舞台:近松門左衛門「心中天網島」「大経師昔暦」、「十三夜」おせき、「さんしょう太夫」伊勢の小萩、「たいこどんどん」袖ヶ浦、「蓮如」蓮祐など。ラジオ深夜便出演。
【一言】・・・・・
今回は十二役。役の性根を掴みたいと、せりふをひたすら覚える日々です。私のせりふ覚えに付き合ってくれる仲間が、この舞台を作る陰の功労者。場面ごとの風景をイメージします。観客には残像が残るので、残像を裏切らない動きをていねいに決めていきます。
風邪を引かないこと。のどを痛める食べ物・・・たばこ、ビールは言うに及ばず、冷たい物、柑橘類、お茶、香辛料も危険。寝るときはのどにタオルを。身体が疲れすぎないよう、冷房、寝不足、重い物を持つ時も注意。恐がりの私です。
この舞台には、ボリュームある男性の声と、繊細な音がどうしても欲しかった。砂田さん、河野さんはベストの配役。乙部さんは言うに及ばずスタッフは気心しれたメンバーばかり。大久保さんはがんばってくれている。人に恵まれたこの舞台、心を込めて一所懸命つとめます。

砂田直規(すなだなおき)
バリトン/印西市在住
長野出身。東京藝術大学大学院オペラ科修了。芸大オペラ「修禅寺物語」夜叉王役で、オペラデビュー。「袈裟と盛遠」(ポーランド公演)、「蝶々夫人」、「椿姫」、「カルメン」など、数多くのオペラに主演。ウィーン・フィルのメンバーによる 「ザイフェルト弦楽四重奏団」、二胡奏者、楊興新氏らとのジョイント・コンサートや、NHK・FM「名曲リサイタル」に出演。
合唱音楽にも、情熱を注いでおり、「みずほ合唱団」、「国府台女声合唱団」など、6つの合唱団の指導に携わっている。元日本オペラ協会会員。
【一言】・・・・・
「最終稿よ」と言葉を添えて、練習の度、新しい台本が手渡された。12稿を数えたが、まだ差し替えがあるらしい。城谷さんは近松の世界を隅々まで泳ぎ回り、多くの人と奇跡的な出会いを得たようである。あたかも愛染明王に導かれるかの様であった。前回の近松公演[大経師昔暦]で久しぶりに城谷さんと再会し、全く縁の無かった近松の世界に近ずく機会を得た私もまた、愛染明王の導きによるのかも知れない。

河野玲子(こうのれいこ)
メリー・マリンバ・アンサンブル主宰 東邦音楽大学講師。
武蔵野音大卒。木村和彦、塚田靖、百瀬和紀、安倍圭子の諸氏に指導受ける。
87年第4回日本管打楽器コンクール3位入賞。92年CD発売「マリンバと吹奏楽のためのコンチェルティーノ」(アルフレッド・リード委嘱。作曲者自身の指揮オーケストラと録音)毎年、宮崎国際音楽祭参加。打楽器・マリンバの第1人者として、作曲・プロデュースも手がけ、後進の育成にも力を素注いでいる。
【一言】・・・・・
城谷小夜子さんとは今回で4作品目になります。私が音を担当していつも感じることは、各作品にはそれぞれ基調とTempoがあるということです。特に、小夜子さんが語ると、自然に自分でとっているテンポがあり、場面毎のリズムがあり、メロディーが生まれる。だから最初のインスピレーションをとても大切にしています。作品がまるで音楽を聴くように人の心の中に入っていくこと・・・。語りと音がハーモニーになって、自然に流れていくこと・・・これが目指すところであり、またそうできたら最高だなぁ、と常々思っています。

大久保雅子
東邦短期大学音楽科打楽器専攻卒業。卒業演奏会出演。これまでに打楽器、マリンバを百瀬和紀、河野玲子の両氏に師事。現在、各地で精力的に演奏活動中。
【一言】・・・・・
稽古中、自分の発する音がもっともっと城谷さん、砂田さんに届きたいと強く願っています。未熟な私ですが、しっかり向き合い、挑戦していこうと思います。
和の輪のみなさま、アドバイスを下さる砂田さん、師匠であり、いつも心に響く言葉、音を下さる河野玲子先生、 そして想いをぶつけて下さる城谷さん…。
関わっている全ての人々に感謝致します。

乙部順子
東京都出身 成城大学経済学部卒。学習院大学法学部助手、加藤秀俊秘書から小松左京秘書となり30年。映画「さよならジュピター」の製作、EXPO’90「花博」などを経て現在小松左京事務所(株)イオの代表取締役として「小松左京マガジン」と「小松左京全集完全版」の発行に邁進中。和の輪の立ち上げから関わり、副代表理事でもある。
【一言】・・・・・
初めてこの作品の稽古に立ち会ったとき、まるで「ネバーエンディングストーリー」のようなファンタジックな話で驚いた。加賀之丞の「暦」よりも人気を得たのは、その「ケレン」の面白さが受けたのだろうと思った。しかし、その「ケレン」の面白さを失うことなく、今日の人々に伝えたいメッセージは何なのか。この大きな課題を乗り越えて、城谷さんの力量がさらに大きくなったように思う。
▲pagetop