過去の記録

2009年2月14日(土)午前11時開演 場所:大阪・文楽劇場小ホール 第99回 女義太夫の会に出演します。
第99回女義太夫の会 大盛況にて無事終了報告(2009年)
  2009年(平成21年)2月14日(土)大阪文楽小劇場で恒例の第99回女義太夫の会が催された。

城谷小夜子は、竹本初丸の名前で出演。2008年9月で因会での初舞台を踏んだが、今回は2回目の出演となった。

99回目となる女義太夫の会は、友路師匠の元でかつてしっかり稽古されて将来を嘱望されていた友代さんが、去年復帰され、今回、かつて一緒にけいこされていた三味線
の友喜久さんと「名コンビ」復活となった。
友代さんの名調子を聞こうと、四国から40名を超えるお客様が文楽小劇場においでになり、小ホールは満席。ここ数年来の大入りに大喜び。
わたしのお客様も、友代さんの義太夫節を聞き、「これが女義太夫の魅力なんだ」と、大いに感激し、喜んでおかえりいただけたので、本当にうれしかった。

それほど難しい芸なのだと思う。廃れるのもある意味わかる気がする。
精進しても精進してもうまくならないのが義太夫。うまいへたがはっきり出てしまう恐ろしい芸。
友代太夫さんの復活で、女義太夫は低迷期を脱していく。変わる。
わたしの芸は、もちろんまだまだ未熟。わずか数年で「尼崎の段」の「後(あと)」を語れたのは、初美師匠のおかげとありがたく思っている。
今回相方をつとめて下さった三味線の源幸さんは、わたしがなんとか語りやすいようにと、本当に一所懸命弾いて下さった。助けてもらったことを感謝している。

100回記念は、来年の2月の予定。
おいでいただきましたお客様、本当にありがとうございました。

初美師匠お教しえいただきありがとうございました。
友路師匠お稽古ありがとうございました。
源幸さん、相方ありがとうございました。
女義太夫の諸先輩方ありがとうございました。
2009年2月18日 竹本初丸
人形浄瑠璃因会主催 第99回 女義太夫の会
【日時】 2月14日(土)
【開演】 午前11時 開場10時半
【場所】 国立文楽劇場小ホール 地下鉄「日本橋」前
【料金】 2,000円 (学生割引料金あり)
  ※番組表はこちら(PDF 198KB)
初美師匠から、舞台のお許しが出、竹本初丸の名前で、去年の続き「尼崎の段(奥)」を語ります。 明智光秀と家族それぞれの真実のこころを情深く語りたいと思います。
三味線は、豊澤源幸さんです。 出番は2番目ですので、11時半頃からです。 どうぞよろしくお願いいたします。

出演は、友代さん、友喜久さん、友香さん、他
題目は、「二口村」他

お問い合わせは 047-368-1361 和の輪まで


【チケットをお求めの方へ】

チケットをお求めの方は、Eメール下さい。info@wanowa.org
ご住所、お名前と、枚数、携帯またはお電話もお願いします。
メールでの返事が届きましたら、その時点でお席が確保されました。

当日、劇場にお出でください。
受付でお名前をおっしゃってください。
代金引き替えにてチケットをお渡しします。
(日にちが間に合うようでしたら、チケットをお送りします。メールでお返事いたします。)

▲pagetop