過去の記録

能登ふるさと博参加「日蓮さま」大盛況にて無事終了

2009年10月10日〜12日 元国宝で、現在・重要文化財の有名なお寺「妙成寺」さんでの「日蓮さま」の公演は、北國新聞さんが前記事を大きく書いて下さったおかげもあり、金沢や富山・福井からもたくさんの方が見に来て下さった。

懐かしい再会もあり、また、嬉しい出会いもあり、充実した日々であった。

3日目は、開演前に山主さまが法要をしてくださり、場ができあがった。ものすごいものだと思った。 お客様が微動だにされない。 わたしは、静寂な気持ちで舞台に上がった。 すべてが違った。ありがたかった。

この作品は世に出していいものと言っていただいた。 不思議なことが初日に起こった。鳥が客殿に飛び込んで来たのだ。 山主さまも「初めてのこと」とおっしゃった。 名前のわからない鳥は、ばたばたと天井を旋回し、何かにとまっては鳴き声を上げる。 鳥ちゃんはそのままにして、リハーサルを始めることにした。 浄瑠璃が終わると、鳥はす〜っと客殿から出て行った。 みなが「近松さんだ」といった。

わたしもそうだと思う。鳥の姿で「見ているよ」と伝えに来て下さったのだ。 不思議は起きる。 715年前に建てられたお寺で、実在した歴史上の人物である日蓮さまというものすごい人を、300年前に書かれた浄瑠璃で復活させるのだから、近松さんが来ないはずがない。

わたしを鍛えてもらえる作品と出合ったのだ。 これからどのようになっていくのか、まだわからないが、見守りたいと思う。 見守られていることを感じながら。 感謝です。

  今回のスタッフ一同と、客殿にて撮影。2009年10月12日
写真は、今回のスタッフ一同と、客殿にて撮影。2009年10月12日
予告
  2009年11月10日午後2時から 羽咋市 妙法寺さんのお会式で上演させていただきます。
御参加になりたい方は、御一報ください。047-368-1361 和の輪
▲pagetop



浄瑠璃・表 浄瑠璃・裏
公演チケットはこちら