開催予定
舞台・作品展のご案内 邦寿一人「勧進帳」 加賀の灯りin妙成寺 若松豊光 作品展「百花 誰が為にか開く」
〈弾く・語る・唄う・話す〉の新企画
邦寿一人「勧進帳」
(邦寿一人シリーズ全五段之一)
 
【時 間】 2010年5月30日(日)午後6時 開演
【場 所】 ホールDOZ(松柏堂医院2F)
港区西麻布1-5-11
【料 金】 前売3,000円 当日3,300円(全席自由)
【お問合せ・ご予約】 くにとしチケット
Tel:080-1179-0923
e-mail:doz-923@docomo.ne.jp

邦寿一人「勧進帳」
※画像クリックで拡大します。

   
伝える いしかわの童唄
加賀の灯りin妙成寺
 
【主 催】 夢幻の会
【後 援】 石川県・金沢市教育委員会
羽咋市・羽咋市教育委員会
【時 間】 2010年6月12日(土)午後2時 開演
【場 所】 妙成寺本堂石川県羽咋市滝谷町ヨー1
【料 金】 1,500円(100席限定 予約のみ)
【お申し込み】 妙成寺(0767-27-1226)
宮本(080-3044-8908) 

加賀の灯りin妙成寺
※画像クリックで拡大します。

■出演
灯 り 坂本 秋央(加賀奉書一八代当主)
ひと言ふた言 小林 輝治(北陸大学名誉教授)
宮本 光子
司会 縄谷外 望恵

■プログラム 全17曲
◇万葉集より
 之乎路から 熊木酒屋に
 かしまねの 他
◇童唄より
 おじゃみおふた 一番はじめは
 越後の新潟 金が沸くてて 他

坂本 秋央■坂本 秋央 プロフィール
加賀奉書十八代・アーティスト
千二百年の歴史を誇る、加賀奉書の十八代目。
代々、芸術家との交流も多く、ピカソ、マチス等の版画用和紙を制作。
又、加賀紙衣と言う世界唯一の稀少的和紙の伝承者であり、 ピエール・カルダン、デビッド・ボウイ、ジョン・ガリアーノ氏達との交流を持ち、世界を舞台に活躍中。

   
若松豊光 作品展「百花 誰が為にか開く」
 
【期 間】 2010年6月1日(火)〜27日(日)
【時 間】 10:00〜17:00
【場 所】 JCII PHOTO SALON
【料 金】 入場無料

若松豊光 作品展「百花 誰が為にか開く」
※画像クリックで拡大します。

若松豊光 作品展「百花 誰が為にか開く」
※画像クリックで拡大します。

若松豊光 作品展「百花 誰が為にか開く」
※画像クリックで拡大します。

若松豊光 作品展「百花 誰が為にか開く」
※画像クリックで拡大します。

若松豊光■若松豊光 プロフィール
明治41年北海道生まれ。5歳の時に家族で上京、上野に住む。昭和8年に家業の工務店を継ぐ。 昭和30年代、谷川北雨氏との出会いからベス単を手にする。 「極光会」に所属し作品を生み出す。以後、季刊写真集「光大」に作品を発表する。享年85歳。

▲pagetop



公演チケットはこちら