開催予定
小松左京5回忌の集い「蚊帳の外」
御挨拶

宇宙へ旅立たれてから4年。祥月命日の1日前に、故人を偲び心を込めて 語らせていただきます。 お出でをお待ち申します。

【作品について】
小松左京SF【芸道シリーズ12作】が3冊の本になっています。
今回は、『芸道綾錦夢譚(げいどうあやにしきゆめものがたり)』の中から、2作品を選びました。
乙部(おとべ)順子(じゅんこ)さんが、小松左京先生から直接聞いたはなしや、思い出を語ってくださいます。

【蚊帳の外】
「なんしろ、わっちの女(いろ)で・・・。」
「おねえの女?」にわかに虫が動いた。
こんな調子で始まる蚊帳の外は、男と女の執着の輪廻の業の深さを思い知らされます。人間のうちに潜む欲を小松独特のストーリ展開でおしまいまで引っ張っていきます。名優・鈴木昭生さんに語っていただいたことがありました。わたしは録音に立ち会っていて、あまりの面白さに「う〜ん」と唸りました。
さて、お客様にこの面白さを伝えることが出来るでしょうか・・・。

【天神山縁苧環(てんじんやまえにしのおだまき)】
小松左京先生と桂米朝さんとは大親友でした。話がこれほど合うお相手はいなかったようです。その米朝さんと小米(枝雀)さんをモデルにしたSFを書かれました。落語の「立ち切れ」が鍵になっています。

   
申し込み
【プログラム】 乙部順子さんの作品紹介と思い出話
「蚊帳の外」「天神山」(演者、城谷小夜子)
【と き】 2015年7月25日(土)
【じかん】 午後2時〜4時(開場30分前)
【ところ】 和の輪鍼灸院(北松戸駅東口前 )
【参加費】 2,500円(お茶付)
【申し込み】 インターネット
または、和の輪までお申込みください。
E-mail:info@wanowa.org
TEL:047-368-1361
▲pagetop



小松左京5回忌パンフレット

小松左京5回忌パンフレット