和の輪について
[歴史]  [ロゴについて]  [予定表]  [和の輪新聞]  [和の輪会報]
[プレス]  [プロモーションビデオ]  [会員&寄付募集]  [定款]


「和の輪かわら版」 第14号(2014年12月15日発行)

ご挨拶

会員の皆様、応援して下さっている皆様、お元気ですか。 来年からは、年会費のない、会員制で活動を続けることになりました。 名称は、法人が取れ、≪NPOグローバルシアター和の輪≫ になります。 これからも、日本伝統文化を普及していく所存でございます。 今までと変わりませずおつきあいのほど、よろしくお願い申し上げます。 良いお年をお迎えください。新年会でお会いしましょう。 いつも心に太陽を

平成26年12月吉日     城谷小夜子・理事一同

▲pagetop

  グローバルシアター和の輪15周年 新年会 金子みすゞ物語 &耳なし芳一
 
【と き】1月26日(月) 午後2時開演
【ところ】新宿永谷ホール8階(西武新宿線・新宿駅1分)
【料 金】3,800円(軽食・飲み物をご用意いたします。)
【お申込】090-2481-9520 または FAX 047-368-1361
城谷小夜子
 

【新宿永谷ホール8階への行き方】 新宿永谷ホール地図
新宿区歌舞伎町2−45−5 新宿永谷ビル803
★新宿永谷ホールの8階です。03-3232-1251

  1. 西武新宿駅・徒歩1分
  2. 新宿駅西口・徒歩10分

(新宿駅西口を出て、新宿大ガードを右にくくり、
一筋目を左へ。新宿プリンスホテルの先、左のビル)

  和の輪鍼灸院 元旦オープン
 

 長年、東洋医療を学んでまいりましたが、1月1日より女性のための鍼灸院を開業させていただくことになりました。お身体の事でお悩みの女性の手助けが出来たらと思います。お気軽にご相談ください。

東洋医学療法士・鍼灸師国家資格取得 院長 城谷小夜子

【ところ】 地下鉄千代田線・北松戸駅前のビル
〒271-0064松戸市上本郷901 鈴木ビル403号
【診 療】 朝〜夜、休日なし
緊急連絡先: 090 248124時間はい 9520救護に丸
【完全予約制】 047-368-1361
15周年の歩み〜ありがとうございました。
 

伝統文化・主な舞台

伝統文化・主な舞台
ミュージカル平家物語 ’02
伝統文化・主な舞台
日米合同公演「八月十五夜の茶屋」’03 LA
伝統文化・主な舞台
受賞作・近松「心中天網島」’03
伝統文化・主な舞台
近松「大経師昔暦」’05
伝統文化・主な舞台 伝統文化・主な舞台
322年ぶりの再演・近松「賢女手習並新暦」’08
伝統文化・主な舞台
羽咋・妙成寺「行合川」’09〜13
伝統文化・主な舞台
小松左京「待つ女」’07 
伝統文化・主な舞台
 「恵信尼さま」10〜13
伝統文化・主な舞台
七尾「日像さま」’13
伝統文化・主な舞台 伝統文化・主な舞台  伝統文化・主な舞台  伝統文化・主な舞台
小松左京3回忌2013年7月26日「10人の女と‘地には平和を’」
司会は乙部順子
 「旅する女」本間祥公 「無口な女」山口華子
伝統文化・主な舞台
「秋の女」室井三紀・藤舎悦芳
伝統文化・主な舞台
「地には平和を」砂田直規
伝統文化・主な舞台
城谷小夜子10人の女を演じる
世界同時中継も。
終演後集合写真 

 

和の輪メンバー
和の輪が誕生した瞬間!2001年5月
理事メンバーほとんど変わっていません
伝統文化・主な舞台
旗揚げは‘01、10月「童門冬二の世界」
和の輪のマーク

和の輪のマークは八戸香太郎さんの作品。絵に言葉が添えてありました、“南山に雲起こり 北山に雨下す”と。この世のものはすべてつながっているという、セレンディピティをあらわした言葉。まさに和の輪。ロスで見つけた美。出会いはいつもミラクルですね。2003

和の輪の3本柱は、「日本伝統文化」「学ぶ」「国際交流」。
今までと変わらず、これからも日本伝統文化を国内外に普及し、次の人に バトンを渡していきたいと思います。
We are together !

和の輪の3本柱
*世界SF大会で小松作品を2か国語で上演
*世界SF大会で小松作品を2か国語で上演
*小松左京・近松門左衛門CD制作
*小松左京・近松門左衛門CD制作
伝統文化・主な舞台
*東京新聞主催「全国舞踊コンクール」山口華子作品に出演。第1位’09

 

これからもよろしくお願い申し上げます。
 

伝統文化・主な舞台

伝統文化・主な舞台
ミュージカル平家物語 ’02
伝統文化・主な舞台
日米合同公演「八月十五夜の茶屋」’03 LA
伝統文化・主な舞台
受賞作・近松「心中天網島」’03
伝統文化・主な舞台
近松「大経師昔暦」’05
伝統文化・主な舞台 伝統文化・主な舞台
322年ぶりの再演・近松「賢女手習並新暦」’08
伝統文化・主な舞台
羽咋・妙成寺「行合川」’09〜13
伝統文化・主な舞台
小松左京「待つ女」’07 
伝統文化・主な舞台
 「恵信尼さま」10〜13
伝統文化・主な舞台
七尾「日像さま」’13
伝統文化・主な舞台 伝統文化・主な舞台  伝統文化・主な舞台  伝統文化・主な舞台
小松左京3回忌2013年7月26日「10人の女と‘地には平和を’」
司会は乙部順子
「旅する女」本間祥公 「無口な女」山口華子
伝統文化・主な舞台
「秋の女」室井三紀・藤舎悦芳
伝統文化・主な舞台
「地には平和を」砂田直規
伝統文化・主な舞台
城谷小夜子10人の女を演じる
世界同時中継も。
終演後集合写真 

 

和の輪メンバー
和の輪が誕生した瞬間!2001年5月
理事メンバーほとんど変わっていません
伝統文化・主な舞台
旗揚げは‘01、10月「童門冬二の世界」
和の輪のマーク

和の輪のマークは八戸香太郎さんの作品。絵に言葉が添えてありました、“南山に雲起こり 北山に雨下す”と。この世のものはすべてつながっているという、セレンディピティをあらわした言葉。まさに和の輪。ロスで見つけた美。出会いはいつもミラクルですね。2003

和の輪の3本柱は、「日本伝統文化」「学ぶ」「国際交流」。
今までと変わらず、これからも日本伝統文化を国内外に普及し、次の人に バトンを渡していきたいと思います。
We are together !

和の輪の3本柱
*世界SF大会で小松作品を2か国語で上演
*世界SF大会で小松作品を2か国語で上演
*小松左京・近松門左衛門CD制作
*小松左京・近松門左衛門CD制作
伝統文化・主な舞台
*東京新聞主催「全国舞踊コンクール」山口華子作品に出演。第1位’09

 

 

国際交流・主な出来事

国際交流・主な出来事
香港・台湾 ’08
国際交流・主な出来事
サンクトペテルブルグ演劇大学
225年祭’04
国際交流・主な出来事
エカテリンブルグ‘08
国際交流・主な出来事
サンクト演劇大学’04
国際交流・主な出来事
ニューヘブン・エール大学’02
国際交流・主な出来事
日舞を教える
国際交流・主な出来事
カナダで交流する 
国際交流・主な出来事
歌舞伎の立ち回りを教える
国際交流・主な出来事
小学生に作法を教える
国際交流・主な出来事 国際交流・主な出来事
 ユネスコで教え、世界の演劇人たちと交流する0506
国際交流・主な出来事
ウクライナの学生たち
国際交流・主な出来事
フィリピン国際会議
国際交流・主な出来事
ハリウッド姉妹劇団で

学ぶ喜び

学ぶ喜び
各地で小学生に表現する楽しさを
学ぶ喜び
全国でボイストレーニングは好評
学ぶ喜び
米国唯一の日本語劇団旗揚げに参加
「瞼の母」のポスター2011年

沢山学びました。義太夫は竹本初美師匠と鶴沢友路師匠’03、長唄三味線は伝の 会’02、かつらの勉強会’03、古典研究会’07に、歌舞伎メーク教室’06、「古 事記を学ぶ会」’09〜12、講演もたくさん、旅もたくさん行きました。
今年からヘルス・アート塾’14が始まっています。講師を育てます。

学ぶ喜び
鶴澤友路師匠(人間国宝)
学ぶ喜び
竹本初美師匠
学ぶ喜び
伝の会 杵屋邦寿さん
学ぶ喜び
かつらの勉強会
学ぶ喜び
古典研究会
学ぶ喜び
歌舞伎メークを体験する
学ぶ喜び
古事記研究会
学ぶ喜び
絵本の読み聞かせ
上演したポスター 上演したポスター 上演したポスター 上演したポスター 上演したポスター 上演したポスター 上演したポスター 上演したポスター 上演したポスター

上演したポスター。一つ一つが懐かしく、舞台をみんなで作り上げたときの喜びが思い出されます。



和の輪友の会のページ
 
ひとの環

米津千之

米津千之先生 102才 国文学者・元学芸大教授

「自己のみたまの幸を しっかりと身に修め
いつでも明るく朗らかに」

米津先生、ついにお別れの時がやってきました。静かにこの世を去られたとのこと、見事でした。私たちは米津先生のおうちに毎月集まり、古事記を学びました。楽しかった!
折口信夫・サトーハチロー・中村天風・筧克彦・野口三千三・・・いい先生と出会うことが大事だよ、といつもおっしゃってましたね。二十三年間、 本当に有難うございました。合掌 (和の輪顧問)

▲pagetop

<出会い>
三浦みうら光世みつよさん

10月30日、90才で亡くなられました。
はじめてお目にかかった20年前を昨日のように思い出します。
「『氷点』で大きな賞金が入った時、生涯最大の危機だ、と思いましたよ。看病されたご両親、教会、お世話になった方々にお渡しし、テレビが欲しいという綾子に、駄目だといい、1円も使わせませんでした。僕は綾子に厳しかったかもしれません。」と語られた潔癖さ。心を打たれました。綾子さんが亡くなられた後、ご自宅をお訪ねしたときもはご自分を責めておられましたね。「どうしてもっと思いやりを持ってやれなかったのだろう」と。「ご自分を責めないでください」と願わずにいられませんでした。
すべての人に優しい人がこの世にいるんだ…思い出すと温かさに涙がこぼれてきます。出会えたことは恩寵です。ゆっくりお休みください。 合掌 

三浦光世さん
旭川・三浦綾子記念館館長
▲pagetop
歴代の理事 末永くお付き合いお願いします

乙部順子様 篠田裕様 古仲裕二様 荒武恵美子様 
江見俊太郎様 松本一郎様 斎藤晴朗様 相澤友夫様 武藤知鶴様
田井中友香様 矢倉保吏様 三宅一男様 金本光弘様 森本滋子様
相川勢津子様 秋谷正希様 小橋健一様 大橋光博様

▲pagetop
協力いただいた出演・スタッフ 出会いに感謝!
協力いただいた出演・スタッフ 出会いに感謝!
▲pagetop


[編集後記]
 諸事情で、NPO法人の活動が十分にできなくなったことを感じた私は、来年度からは会費をやめ、NPOで活動することを決め、11月7日の理事会で承認を得ました。その数日後、駐車場を廃止しますと、連絡が来ました。私はなぜか、ステージが変わったのを感じました。新しい駐車場契約の夜、ふと“店舗、松戸”で検索しました。北松戸の駅前のビルが空いている!11月27日に部屋を見て即断し、3日後契約が成立。同時に携帯が消えました。この一連の出来事は、まさにセレンディピティ。急転直下に見えるこの出来事も実は神と私の計画通りだったのでしょうか。神農さま、畏れをもって東洋医療に向き合います。ミューズさま、役者も、ヘルスアートも続けます。神への畏怖を体験することになるようです。よろしくお願いいたします。

城谷小夜子

▲pagetop
 
「和の輪かわら版」バックナンバー
創刊号 ・第2号 ・第3号 ・第4号 ・第5号 ・5周年記念号  ・第6号 ・第7号
第8号 ・第9号 ・第10号 ・第11号
▲pagetop