和の輪について
[歴史]  [ロゴについて]  [予定表]  [和の輪新聞]  [和の輪会報]
[プレス]  [プロモーションビデオ]  [会員&寄付募集]  [定款]
「和の輪かわら版」 第4号(2005年4月1日発行)
日本の心を世界に 和の輪
美しい日本文化を学び、
舞台を通じて国際交流しています。
image 和と輪が重なった新ロゴ
▲pagetop


女の作る「心中天網島」受賞記念公演
「上方文化の復興」を願う世界的SF作家
小松左京氏特別講話「近松の世界」
5月19日(木)東京・日本橋劇場 午後2時・午後6時半開演
前売り 5000円(当日5500円) チケット申込み:和の輪 047-368-1361
 
 小松の小説『昔の女』を城谷が上演したのが17年前。
それ以来のおつきあいということになります。
 長年「上方文化の復興」を願っている小松ですが、去秋、大阪で近松の原文上演のこの舞台を見て大変喜びました。
 この度の受賞と東京での再演を祝して小松が舞台前に近松のおもしろさを皆様にお話しすることになりました。
上方の生んだ近松門左衛門のことをこの機会に知って頂けたらと思います。どうぞよろしくお願い致します。
和の輪副代表理事 乙部順子
(小松左京事務所(株)イオ代表取締役)
image
image

大阪文化祭賞は、大阪府・大阪市・(財)21世紀協会が主催。
2004年度は全部門156の参加のうち12が受賞。
演劇部門は34のうち3つが受賞。★今年も和の輪は参加します。

ご観劇いただけます。
☆5月17日(火)  奈良公演 橿原文化会館 午後1時半開演 5000円
チケット申込み:奈良公演実行委員会 0742-35-7722
☆5月18日(水)半田公演 福祉文化会館(雁宿ホール) 午後1時半開演
(有)すみれハーネスト加工・創業19周年記念感謝公演 招待会
▲pagetop


祝!藤舎花帆(とうしゃかほ)さん博士に!
image
「大経師昔暦」でご出演頂いた藤舎花帆さん(東京芸大)がこの度博士号を取得されました。これからの世界的な活躍に声援を送ります!
★「大経師昔暦」は十月に再演
▲pagetop


和の輪インターン
image
稲勝真理さん
ただいま制作をインターン中。去夏英国より帰国。明るく前向き。好奇心も旺盛な期待の新人。
▲pagetop


和の輪の環 〜心が光輝く人々と〜
 今、和の輪では、「心中天網島」「大経師昔暦」の舞台と、ユネスコの演劇祭招待に向けた準備、「賢女の手習い並新暦」「地には平和を」「あけぼの」「如是我聞」、日米共同製作の「八月十五夜の茶屋」「ギリシャ神話&古事記」、故野澤吉平師匠、近松作品のCD制作、国際ヘルスアートフェスティバル、日本人の精神史の研究、近松研究と魅力的な企画が進行中です。和の輪に賛同し、関わって頂いている人たちはみな心が輝いている元気な人。魅力感じてます。
代表 城谷小夜子
image 最高に幸せ!アーティスト達との打合せ。
(松戸の事務所で)

近松研究中
日本の宝である米津千之先生(国文学)と
矢萩和子さん砂田直規さん(オペラ)
image
image 文学博士小林かおりさん(名古屋)

ハートフルなお二人。
福井新聞の佐野周一さんと
福井放送の平井寛治さん(右)
image
image 朝倉孝英さんと範子さん
新潟・金宝寺

鯖江の近松の像
image
image ロスの比嘉沖縄県人会会長とかずちゃん
(シークレット・ローズ・シアター代表)

金沢の寶泉寺さんで。
住職の辻雅榮氏から愛染明王さんのことを
ご指導頂く。(一番左)山本和子さん
image
image 書家・八戸香太郎さんは
ロスでの必然的出会い。京都在住

和の輪理事・森本滋子さんの
友人の岡アキさん(左)の喫茶「十三夜」で
吉川啓子さん(中)と。新潟県新津市
image
image 座間味さん(沖縄)と田中利枝さん(大垣)は
大の仲良だった。世の中狭い。

京都の塩田吉隆さんとは長いつきあい。
image
image 香港音楽大学のウオンさんを歌舞伎に案内。
石の楽器CDを帰国後直ぐに送ってくれた。

木村達雄理学博士は現代の哲人(右)
大東流の指導を受ける石川みがきさん(医学部)
(筑波大学木村先生の研究室で)
image
image 岩手県葛巻牧場の鈴木重男さん(下中央)
全国同友会の仲間が語り合った。
良き出会いとなってほしい。

東京の滝本昌二・千代夫妻は夫唱婦随
image
image 千葉のキワニスクラブで日塔幸雄さん(右)
会長の鏑木栄胤さん(中央)
斎藤晴朗さん(和の輪理事)
 
「和の輪かわら版」バックナンバー
創刊号 ・第2号 ・第3号 ・第4号 ・第5号 ・5周年記念号  ・第6号 ・第7号
第8号 ・第9号 ・第10号 ・第11号
▲pagetop