和の輪について
[歴史]  [ロゴについて]  [予定表]  [和の輪新聞]  [和の輪会報]
[プレス]  [プロモーションビデオ]  [会員&寄付募集]  [定款]

「和の輪かわら版」 第6号(2006年9月15日発行)

和の輪創立5周年記念企画
近松門左衛門「心中天網島」完全原文朗読版
小松左京作品〜珠玉編 ファンド(出資)募集
image
 
imageCDを推薦します  小松左京
僕は、和の輪の“こころざし“と活動に目を見張っている一人である。
和の輪の創立5周年の記念企画として、近松と僕の小説のCD制作に乗り出した。城谷小夜子君の朗読で近松がよみがえった。意義のある仕事だと思う。ぜひ聞いていただきたい。
そして、僕は、『地には平和を』という小説でSF作家としてデビューした。これを朗読劇にしてくれ大変うれしかった。この珠玉編では、僕自身が作品の解説を録音した。今後、この両作品は2集3集と出していく予定だという。大いに期待している。
 
〈5周年記念CD制作ファンド(出資)について〉
制作に必要な資金を、企画に賛同される有志の方の出資で集めたいと考えております。
【原盤及び販売用CDの制作費】約300万円
【募集】一口10万円で30口。
目論見書は用意しております。出資希望の方には、詳細をお送りします。
電話047-368-1361 FAX047-368-1361 和の輪
【募集期間】2006年9月15日〜10月15日 です。
【申し込みは・・・】別紙申込書でお願いします。
 
CDの料金は・・・
〈近松門左衛門作『心中天網島』〉
A/CD2枚組み+原作本+舞台DVD付 10,000円
B/CD2枚組 3,500円
〈小松左京作品 第一集=珠玉集〉
「地には平和を」他3作品CD3枚組み
小松左京氏自身の声による作品解説がはいっています。5,250円
 
「風の音にぞ・・・」の季節となりました。おかわりありませんか。
みなさまに、出資のお願いです。
「いいものを残していきたい」
これが和の輪の願いです。
近松門左衛門と小松左京先生の作品を、朗読作品にすることによって、より立体的に世界を広げ、多くの方々に興味を持っていただきたいと思っています。
制作に必要な資金を『CDファンド』で出資していただき、この夢を実現させたいと存じます。
これからも和の輪は、日本文化を「演劇・文学・ことば」を通して高めることに貢献していきたいと思っています。 ご賛同いただけましたら、ぜひとも一口ご協力くださいますよう一同心よりお願い申し上げます。
和の輪理事一同
代表  城谷小夜子
副代表  乙部順子 古仲裕二
理事  相澤友夫 荒武恵美子
大橋光博 金本光弘
小橋健一 斎藤晴朗
篠田裕 田井中友香
三宅一男 森本滋子
監事  松本一郎
▲pagetop

ユネスコITI世界会議に参加
2006(H18)5月16日〜29日
フィリピン・マニラでの世界会議で日本文化を紹介

去年に続き、日本伝統文化のワークショップとプレゼンテーションを依頼された。今年の参加国は何十カ国にも及んだが、世界の演劇関係者が日本文化の美しさを認めた。「来て欲しい」「教えて欲しい」といわれたら、これからも、いつでも、どこでも、身体の続く限り着物・帯・扇を持って、飛んで行こうと思う。現在オファー8カ国9都市。世界でも希なる「美」を長い年月をかけて皆でつくりあげた日本を誇りに思う。 城谷小夜子
image USA・マリア教授&日本&ロシア・アンドレィ教授が特別授業で自国の文化を教えた
image 日本文化を学んでくれたマニラの学生。発表後の記念撮影。成功に全員笑顔。
image ウクライナの芝居は最高の人気。ぜひ日本文化を習いたいという。
image ユネスコ事務局長は松浦晃一郎氏。
image 南アフリカの舞台はユニーク
image 森本滋子(中)とよく働いてくれたミチ達
image イリアナ(メキシコ)&アントン(USA)
image ポルトガルは親日の国
 
『ユネスコITI 世界会議 同行記』森本滋子(和の輪理事)
 マニラまでは4時間半で、時差1時間。日本の真夏のように蒸し暑い。今回3つのワークショップ、ロシアのアンドレア、アメリカのマリア先生と城谷さん。受講生は男女8人の計16人。短い期間で、初歩とはいえ日本人でも難しいと思う能、狂言、歌舞伎太刀廻り、文楽、日本舞踊などを教え、発表するまでもっていくのは、本当に精神と肉体が、強靭でなければ勤まらない。
2日目の午後に、あまりの集中力の無さと学ぶ態度に城谷さんが爆発。私は思わず「要求することが難しいから、もっと易しいのにしたら」などと口走るが、この後、見違えるように集中するようになる。それぞれが持っている可能性、才能をどうやって引き出すか、声を嗄らして真剣に教える城谷さんに脱帽!フィリピン大学に於いて、世界中から集まったドラマスクールの学生やフィリピンの学生や指導者たち前で発表。とても好評だった。
いろいろあったが、受講生たちの晴れやかな顔を見ていると、城谷さんの努力は報われたのだった。
 
《英語版DVD・ユネスコITIで制作》
image 2005年夏ルーマニアで行った演劇教室での城谷小夜子のワークショップがビデオになった。
限定10部7,500円
FAX 047-368-1361
▲pagetop

みんなで作る幻の暦の名作「賢女手習並新暦」

この秋、いよいよ東京・金沢・名古屋で試演会
来年(2007年)本公演決定!

愛染明王のことをあなたは知っているだろうか・・・。人にはそれぞれの運命がある。めぐりあう男女の星の物語。
画像クリックで拡大します。
imageimage
9月21日(木)17:45 上野で試演会
11月3日(金) 金沢宝泉寺さんへ奉納
imageこの10月に400年を迎える金沢/宝泉寺の辻雅榮さんに愛染さんの話を聞いたのが8年前。みんなに愛染さんのことを教えたいと思った。近松の作品に、愛染さん出てくる本と出会ったとき、これだ!と思った。しかし、33才の近松が愛染明王のことをなぜ書いたのか。誰かを恋していたのかもしれない・・。
image 共演の砂田直規さんはオペラ歌手
▲pagetop

みんなで遊ぼう 学ぼう!!
本気会(本気で経営勉強会)
毎月第3水曜日、各界のトップを招いて学んでいます。どなたでも参加出来ます。どうぞお出でください。
image 9月のゲストの米津先生は94歳。生き方の達人。古典のプロ。おはなしが広く深く面白い。(元学芸大学教授)
  【と き】9月20日(水) 11:30〜14:00
【ところ】 (株)東京コンサルト会議室(八丁堀すぐ)
【ゲスト】 「中村天風哲学とは」 米津千之先生
【参加費】 2000円(昼食・飲み物持参下さい)
image

今までの講師は勝又美智雄氏(元日経)、神部弁護士、向後義之氏(臨床心理士)、辻雅榮氏(寶泉寺)、高野誠鮮氏(羽咋市)、坂口憲一郎氏(NHK)など。〈訃報:発起人の一人である小林茂さんがご逝去されました。小林さん、ありがとうございました。忘れません。合掌〉
 
日本を学びたい方に『浄瑠璃研究会』
image 縁は異なもの 武藤知鶴
浄瑠璃をなにも知らずに参加しました。恥をかくのも慣れました。みな穏やかで楽しい人たちばかりです。プロの城谷さんが発声と瞑想も教えてくれています。一回だけの参加もOKです。どうぞお気軽にご参加下さい。

  西武池袋線「中村橋」歩5分
会員2,000円(非会員2,500円)
9月24日 新版歌祭文
11月26日 艶容女舞衣
12月24日 「古事記」研究
確認のお電話下さい。047-368-1361
image
和気藹々とした雰囲気

4月9日 春の遠足 髪とかんざし館 『プロの技』 仲沢祥子
image
仲沢祥子(なかざわさちこ)さん

伝統芸術ここにあり!決して忘れてはいけない日本の古典の良さを久し振りに堪能させていただきました。「故きを温ねて新しきを知る」“それぞれの分野で、日本の匠に関わっている方々に伝承して欲しい”と心より願っています。又、歴史を学ぶ若者達にも、風俗の一つとして身に成るのではないでしょうか。
下町の髪結(和の輪の結髪衣装スタッフ)
image
 
5月5日 『歌舞伎メーク教室』 関根絹江
image
歌舞伎メークはとても楽しい時間でした。悪戦苦闘の末、さぁ記念写真!と並んだ子どもたちのかわいかったこと!! いつかあの子どもかちが歌舞伎を見ることがあったら、きっとこの日のことを思い出し、一味違った歌舞伎鑑賞ができるでしょう。(俳優・人形劇団所属)
image
隈取うまい
image
教える関根絹江さん

5月10日〜11日 秋田ツアー 篠田 裕
image
大入り満員!
NHKが放送

秋田国際教養大学は、人気の高い新設校。授業はすべて英語。
桂九雀さん大阪から参上、英語落語はネイティブの人にも大受け。次の日は、日本最古の芝居小屋「康楽館」へ。必見です。秋田は風光明媚、人情あり、お酒も食べ物もおいしくて、最高。
image
康楽館

image
桂九雀さん
▲pagetop


和の輪友の会のページ
 
ひとの環
 佐野誠子さんは、いつまでも初々しさを失わない。エレガントで優しくお姫様のような人だ。
ご主人を助けておいしい丁寧なお菓子作りにいそしんでいる。何軒もあるお店は、とてもきれいで店員さんも抜群に礼儀正しい。みなお菓子作りを愛しているとわかる。
どれもおいしいが、わたしは特にアイスクリームが大好き。誠子さん。これからもよろしく。
image
神戸で本場のケーキ作り
レーブ・ドゥ・シェフ
(和の輪のHPとリンク中)
佐野誠子さん・正会員
▲pagetop

出会い
image
俳優
鈴木昭生(しょうせい)さん
 とにかくうまい俳優さんである。味がある。稽古熱心で、作品研究も緻密だ。俳優の大事な3つの要素は、日本の場合「1声 2顔 3姿」という。特に声が問題にされた。
鈴木さんの声はとても魅力的だ。和の輪の舞台に何度か出演いただいている。この度、和の輪がCDを出すのに、鈴木さんの朗読をどうしてもいれたかった。3作に出演いただいた。小さな仕事に最大の努力していただき感謝している。
▲pagetop

和の輪日記
8月30日 第5回総会 平成17年度の事業報告・収支決算と、平成18年度の事業計画及び予算が承認された。
9月14日 5周年 感謝の集い アルカディア市ヶ谷
おせわになったみなさまと、舞台の懐かしい音楽や四方山話しをしていただき、和の輪がやってきたこの5年を振り返り、確かめ合い、みんなで元気を出したいと思っています。
城谷   image「乙部さん、立ち上げからおつきあいいただきまして、なんとお礼申し上げていいやら・・・。副代表として、会計、名簿、定款、大事な書類管理と、和の輪がきちっと運営できているのは乙部さんのお陰です。」
乙部 image「準備会から6年ね。ほかの理事さん達もあなたの夢によくつきあってくださってますよね。初めからずっと会費や寄付を続けてくださっている全国の応援者のみなさまに、この場をお借りしてお礼申し上げましょう。」
城谷 「本当にその通りです。これからも応援してくださる方々のお顔を思い出しながらがんばります。」
乙部 「そうね、みんなに応援しがいがあると思っていただける活動をしなくてはね。」
城谷 「はい。肝に命じます。10周年で銀座に劇場が欲しい!」
乙部 「初めからいってるわね。ひょっとしたら出来るかもね!」
▲pagetop

裁判員制度を考える
荒武恵美子(和の輪理事)
和の輪誕生からずっと活動に協力。舞台では解説や司会で活躍中。小松CDでもナレーターとして出演。
image
  私は今回、3年後から始まる裁判員制度を前に、地方裁判所の裁判を初めて傍聴しました。事件に関係のない人でもだれでもが自由に傍聴できることにまず、驚きました。
テレビや映画で裁判シーンをみたことはありますが、原告や被告が演技力があったとしたら、正しい判断ができるのだろうか?
弁護士にしても検事にしても、経験やその他多様な条件によっても、判断に影響が出てくるのではないかと思いました。
ましてや、法の知識もない、無作為に選任された一般の人々が、裁判員ないかと思いました。
そしてこの制度がどれほど議論され、支持されて決定されたことなのかまだまだ検討課題があるのではないかと思いました。
▲pagetop

和の輪の仲間と共に歩む
imageNPOの基本財政は、会費と寄付です。アットホームな会です。
仲間になって下さい。

◆自動引き落とし会員大募集中
振込み手数料はかかりません。
正会員   1000円/月   (年1万2千円)   総会出席可
賛助会員   500円/月   (年6千円)   
法人会員   3000円/月   (年3万6千円)   
特別会員   5000円/月   (年6万円)   
  【郵便振替口座番号】00100-3-551734
【口座名義】NPO法人グローバルシアター和の輪

◆従来の通り振替用紙による会費振り込みもございます。
 
▲pagetop

お知らせ
ご報告
和の輪の年度変更が東京都より認証され、1月〜12月に変更になりました。従って、第6期は、平成18年7月1日から12月31日までとなります。

待望の 小松左京全集完全版 限定500部
申し込みは 0475−53−2151
城西国際大学出版部
1冊4800円 全55巻
全ての公演冠スポンサー募集中(年間100万円)!
 
▲pagetop

編集後記
  今年の夏はいかがでしたか。雨が多く、残暑も厳しかったのですが、月のきれいな秋到来です。秋の夜長をゆっくり楽しんでください。
小松先生は「日本沈没」の映画で大ブレイク中。「日本沈没第二部」も完成し、ヒット中。いしかも、今年、遂に「小松左京全集」が発売された。(一冊四八〇〇円全五五巻)乙部さんも大忙し。姉妹劇団であるロスのかずちゃんは、年間最高の女優に選ばれ、ただいまNYで作家の勉強中。インターンの真理ちゃんはJTBに就職。ロシアからセルゲイ先生が来日し、嬉しい再会。もうすぐ五周年の感謝の会。ほんとにほんとにうれしいしありがたいと思います。
「得一日過一日」すべてはこの一日にあり。(S)
 
「和の輪かわら版」バックナンバー
創刊号 ・第2号 ・第3号 ・第4号 ・第5号 ・5周年記念号  ・第6号 ・第7号
第8号 ・第9号 ・第10号 ・第11号
▲pagetop