和の輪について
[歴史]  [ロゴについて]  [予定表]  [和の輪新聞]  [和の輪会報]
[プレス]  [プロモーションビデオ]  [会員&寄付募集]  [定款]

「和の輪かわら版」 第9号(2009年12月5日発行)

ありがとう
 今年のカレンダーも、あと残り一枚となりました。 お変わりありませんか。
 お蔭さまで、私ども和の輪は、今年も、日本伝統文化の普及活動をすることができました。
 これも、応援して下さるお客様や、ご協力して下さる関係者のみなさまのお陰と、和の輪一同感謝しています。
 ありがとうございました。
 和の輪の活動は、「近松の研究」と「舞台」「国際交流」「学ぶこと」ですが、 今年から新たに東洋治療が付け加わりました。
 長年、海外で教えながら、日本の古典である舞踊、歌、身体動作には、 「美」と共に、自然治癒力を高めるエネルギーがあることを実感していました。
 故・池見酉次郎先生は「ヘルス・アート」を提案され、私はずっと このヘルス・アートを自分なりにプログラミングできないかと考えてきました。
 ついに、きちんと学校で勉強しようと、四月、埼玉の東洋医療福祉専門学校に入学しました。 よき師とも出会い、お釈迦様の健康法、経絡舞踊と歌、瞑想を取り入れたヘルス・アートのプログラムが見えてきました。
 「日本の伝統文化と東洋医学を融合させた身体訓練プログラムヘルス・アート」で、痛みが消え、 元気になれるといいな、と思っています。
 来年も、どうぞよろしくお願いいたします。
二〇〇九年(平成二十一年)師走
NPO法人グローバルシアター和の輪
代表 城谷小夜子
▲pagetop

お正月に聞く大人のファンタジー
 
小松左京 女シリーズ
7作目は「ハイネックの女」と、浄瑠璃「四季寿万歳」
2010年1月30日(土曜)午後1時
【ところ】 『晴れたら空に豆まいて』(03-5456-8880)劇場。 小松左京
【最寄駅】 渋谷区「代官山」駅前(行けば分かります)
徒歩1分
【参加費】 3,500円( ドリンク付き)
※ 福引きあります
【お申し込みは・・・】 和の輪へ
電話047-368-1361
FAX 047-368-1361
【作品】 お正月らしく、浄瑠璃で、
1年の無病息災を祈る「四季寿万歳」。
そして、小松左京女シリーズの7作目は、
大人のファンタジー。
ハイネックの女」・・・・

『隣の部屋から聞こえてくる声は、
間違いなくあの声だった・・・・』

▲pagetop

古事記研究会& 望年会
12月19日(土)
古事記研究会& 望年会【所】米津先生宅(西武池袋線「中村橋」徒歩5分)
【地図送りますよ】
11時〜午後2時「いつのをたけび」※ 昼食持参下さい
午後2時〜4時望年会
(千円程度のプレゼントお持ち下さい。交換会やります)
参加費は、和の輪会員2,000円(一般2,500円)
《今後の予定》
1月は3日()「うけひ」
2月は27日()「あめのやすのかわ」
▲pagetop

「恵信尼さま」
来年5月広島にて初演。6月には桑名でも。
恵信尼さま親鸞聖人と、妻恵信尼さまの夫婦愛。
浄瑠璃と語りでお伝えできたらと思います。
詳しくは、お問い合わせください。
▲pagetop

  今年も楽しかったなあ。
   
小松左京女シリーズと浄瑠璃の普及、
そして、近松作品第5作目に「日蓮記児硯」を上演
《 2月 女義太夫の会に出演
2月 女義太夫の会に出演 初美師匠のお許しを得て、第99 回女義太夫の会に出演しました。
「尼崎の段」の奥を語った。三味線は源幸さん。

【大阪文楽劇場にて】


photo 左は義太夫の初美師匠。
右は奈良の美容師畑エフミさん。舞台終了後の交流会
photo 東京から鳥越文蔵先生が来て下さった。
右は乙部順子
4月 全国舞踊コンクール〔創作の部〕に、城谷が出場文部科学大臣賞を、振り付けの山口華子さんが受賞
左が城谷小夜子
左が城谷小夜子
photo
ダンサーの斉藤友美恵さん
photo
振付の山口華子さん
4月 全国舞踊コンクール〔創作の部〕に、城谷が出場文部科学大臣賞を、振り付けの山口華子さんが受賞
 
小松左京女シリーズ全10 作〜大人のファンタジー

今年は、「無口な女」「流れる女」「旅する女」「写真の女」の4作を上演。
来年は1 月「ハイネックの女」&「湖畔の女」「秋の女」「歌う女」予定

10 月 ABC クラブ主催「浄瑠璃と朗読の会」船橋にて
10 月 ABC クラブ主催「浄瑠璃と朗読の会」船橋にて
 
「写真の女」 荒武恵美子(和の輪理事)

写真の女 10 月の小松左京女シリーズは「写真の女」だった。 何の気なしに拾い上げた一枚の写真から始まる 物語で、文章描写では赤面するような場面でも、 語りではさらりと聞くことができた。 現在、過去、 未来がいつの間にやらミックスされていて、物語の展開にぐっと引き込 まれていった。1 月の「ハイネックの女」にも、今からドキドキしている。


「旅する女」のラストシーン

羽咋の妙成寺・客殿
10月『能登博参加 妙成寺「日蓮さま」 同行記』
篠田 裕 (和の輪理事)
 篠田 裕
 10 日朝、妙成寺に到着すると、すでに須弥壇の前が片付けられ、舞台しつらえになっている。 その手伝いを目的に随伴してきた私は、公演終了後、元に戻すのが大変だったことから、何やらホッとし、大感謝の気持ち。
 10 日・11 日各2回、12 日1回の計5回の上演だったが、 第1回目の上演前に山主さまが法要を営んで下さったこともあり、お集まりになる方々の人数は、初回を除き、減ずるものと予想していたが、外れた。 毎回同程度の人数の方々がお集まりになり、「日蓮さま」の舞台に引き込まれていた。
舞台は3幕からなり、それぞれ趣向をこらした構成になっているので、興味深く観劇出来る。 妙成寺に特に縁もなく、「能登博」の催し物ということで観劇された方も居られたと思うが、 ぐいぐいと引き込まれていく様子が、端で控えていても強く感じた。
 リハーサルのときに、客殿に鳥が入ってきて、法要前に出ていった。 あたかも、ゲネプロ(総稽古)を監修するために飛来したようで「近松さんかな?」と、顔を見合わせた。
 城谷さんの廻りでは、まま、不思議なことが起きるから、同行することが楽しみなのである。

 

  来年も明るく、朗らかに、溌剌と
   
縁は異なもの 〜〜ですね〜 あなたと出会えてよかった〜〜〜
   
出会い 羽咋 宮本 光子

 城谷小夜子様との「出会い」も同じでしたが、私は、人の「出会い」の不思議さに驚かされております。
人と人との出会いは、或いは出会うべくして出会っているのではないかとつくづく思っています。 きっと神様は天空からまなざしを注がれ、 「この人とこの人が出会うと必ずこのように道が開けて・・・・」ということがお分かりになっていらしているのだと思います。 「養喜神」という言葉を知人から教えていただきました。 「幸福は求むべからず。ただ楽しい気持ちを養い育てて、幸福を招き寄せる用意をする外はない」と。

「菜根譚」より

 
▲pagetop

米津先生
米津 千之 先生(顧問)
古事記研究会は米津先生のお家で。
96 歳。生き方の達人。矍鑠とそして、孤独とも友達でかくありたしと思う。(元 学芸大学教授)

先生の口癖:「なんでもないことなんだよ」「簡単なことだよ」「またいつでもいらっしゃい、僕は暇なんだから」「母子草って、名前がいいだろう?僕大好きなんだ」「あ〜、よく来たね」「会いたかったよ〜」「待って待って待ってたんだよ」「おもしろいねぇ〜」
 
  ジョン・ブランチャードさんとの縁

ジョン・ブランチャードさん 歌舞伎をこよなく愛するフランス人であるジョンとは、不思議な出会い方をした。 歌舞伎の観劇で知り合ったのだが、その後、NY のジョンの家に泊まったりジョンと一緒に歌舞伎を見たり、 ジョンが羽咋に2 年続けて芝居を見に来たりという、思いがけない御縁が続いている。
 ジョンは、マヤ文明の研究者であり、ビジネスマン。ユーモアがあり、一緒にいて楽しい。 彼は、日本の文化を理解し愛してくれている。 私たち日本人は、誇り高く世界へ善きことを発信し続けたいと思う。

 
秋元春生秋元春生さん(会社経営者)
先日、ジョンの通訳でお世話になった。
英語が堪能で、明るくて歌がうまく、いつも助けてもらっている。和の輪の旗揚げ公演に出演。また手伝って下さい。
ボイストレーニングと朗読の指導で流山の読書会
ボイストレーニングと朗読の指導で流山の読書会へ。みな熱心に受講。
 
和の輪は、NPOで文化活動をしています。
同封の用紙にご記入・お振込下さい。

用紙がないときはご連絡下さい。 047-368-1361
郵便局の自動払込(毎年1月、自動引き落とし) 振込み手数料はかかりません。
振替用紙による会費振り込みもございます。
【郵便振替口座番号】00100-3-551734
【口座名義】NPO 法人 グローバルシアター 和の輪
  正 会 員 1,000 円/月 (年1万2千円) 総会出席可
賛助会員 500 円/月 (年6 千円)
法人会員 3,000 円/月 (年3 万6 千円)
特別会員 5,000 円/月 (年6 万円) 特別優遇有り
 
<お誘い>
  和の輪は、すべて非営利で活動しています。
一月・五百円のサポーターになって下さい。(年六千円)
どうぞ、お仲間に!
お申込みは簡単です。
振込用紙とお金を持ってお近くの郵便局へ行ってください。
▲pagetop


和の輪友の会のページ
 
ひとの環
 入学してすぐ「師」と仰げる先生に出会えた。四月から「経絡治療」を学んでいる。ツイている!◆神戸の小寺敏子先生の元で
学ばれた。小寺先生は、ジョン万次郎のひ孫だというからすごい。◆私が近松を上演しているといったら、近松の弟で医学者の岡本一抱の本を下さった。◆和の輪のメンバーが二十名以上治療していただいた。みんな症状がよくなっている。◆「古事記」を読みなさいと小寺先生が言っていたということで、先生は毎月参加して下さっている。
photo
(東洋医学の師)
井口立巳先生
▲pagetop

出会い
   
出会い
バレーダンサー本間 祥公先生

去年の6 月からお世話になっているバレーの先生。 とにかくうまい。しかも美しい。文化庁芸術選奨文部大臣新人賞始め数々の賞を受賞。 今年は(財)松山バレエ団の芸術奨励賞を受賞された。 稽古熱心で、オリジナルな作品も数多く創造。特に「ヒマラヤの狐」は伝説的な作品。 レッスンは厳しいが、生徒たちのレベルがどんどん上がっていき、教師としても1 流。 一人娘の山口華子さんは、現代舞踊の振り付け家として新進気鋭の存在。

 
▲pagetop

 
「奇跡のりんご農家・木村秋則さんの講演会」

2010 年2 月20 日(土) 午後2 時〜
石川県羽咋市 宇宙博物館 コスモ・アイルにて
「奇跡のりんご農家・木村秋則さんの講演会」
木村さん自身が書いた本には、不可思議なことが書かれていた。

参加費は、1,500 円
詳しくはHP、またはお問い合わせください。 047-368-1361

▲pagetop


《和の輪日記》 副代表理事 乙部 順子
副代表理事 乙部 順子
2月○日 大阪に女義太夫の会に行く。鳥越文蔵先生や大橋先生ともお会いできた。 近松の次回作は「西行」。
 パリ国立劇場での上演をかなえたいと思う。
3月○日 常任理事会で「今年から東洋医学を勉強するために学校に通いたい」という。夫君の城谷氏が学費を出してくれるという。長年言っていた「ヘルス・アート」の実現への第1 歩が始まるのだ。
4月○日 平成21 年度の総会。今年から3年間は、草の根的な活動を地道に 続ける。作品を研究し、作品をあたためる時間も必要だと思う。
 能登・羽咋の妙成寺で「日蓮さま」の初日があく。山主様が、「ほぼ完成」と言って下さった。たくさんの方に見ていただけた。
6 月18 日 和の輪創立8周年。小さなNPO ではあるが、しっかりした活動をしていることを感じている。会費を払って下さる方々、賛同者のみなさんに活動を持ってこたえていきたいと思う。
7 月○日 「旅する女」のリハーサル。面白くできあがった。
9 月○日 広島から滝淵先生がお見えになる。「恵信尼さま」の台本完成。
あとは浄瑠璃の作曲がうまくいくことを願う。
10 月○日 「写真の女」の本番の日。これで小松左京女シリーズは6作目。
ABC クラブ主催で、大勢のお客様に恵まれた。
11 月○日 古仲副代表と来年1 月の舞台のことを話し合う。
作品は「ハイネックの女」に決まる。これも大人のファンタジーだ。大入り満員で新年を迎えたいと願う。
12 月○日  来年度の事業計画を話し合う。来年も誠実な活動を続ける。
▲pagetop
〈 お勧め本・・・ 人生の醍醐味ここにあり 〉
☆「すべては宇宙の采配」:木村秋則
1,429 円 東邦出版
〜奇跡のりんご農家・・・・とにかく不思議が一杯の本。
人生ってすごいな、と思う。私もかくのごとく生きたし。
☆「アシュレーと生きて」〜短い命を刻む少女・7 年間の記録
・・・今年4月、ついにアシュレーちゃんは天に召されました。
神様のような人です。DVD 3,800 円 ポニーキャニオン
「チャングムの誓い」TV・・・
宮廷の料理女官から王様の医女になるというお話。モデルとなった人のいる韓国のドラマ。
☆「ターシャ・テューダの最後の言葉」
2008 年6月18 日に亡くなった絵本作家のターシャは、たくさんの言葉を残しました。
☆「新釈古事記伝」:阿部國治 著/栗山要 編
ルナ企画
全7冊。古事記を、このように感動的に解釈した人はいなかった。 毎月勉強しながら、私たちは生き方を学んでいます。
お問い合わせは和の輪へ。 1 冊1,700 円〜2,000 円
☆「大人の友情」:河合隼雄 ・・
先生が亡くなって2年が過ぎた。
先日「思想家河合隼雄」「臨床家河合隼雄」が出版された。
先生は亡くなっても人々に影響し続けている。大きな仕事をされた話の上手な楽しい面白い人。本は山ほどあります。
☆「自然治癒力の高め方」:帯津良一・・・
先生の最新本!
虚空と対峙し、死後の世界へ飛び込んでいく積極的な生き方を提言されている。素晴らしいと思う。ごま書房新社 1,800 円
▲pagetop

編集後記
◆世の中も変化し続けている。わたしたちは、生きるために生れて来た。◆生きるということ
は、なんとダイナミックなことなんだろうと思う。どれほどの悲しみと、どれほどの喜びとが自分の人生にあるのかを私たちは知らない。神様は、乗り越えられない困難は与えないというから、これがわたしたちにピッタリの人生なのだ。感謝してこの生を生きようと思う。
◆大事なのは、自分を生きるということ。面白いな〜と口に出した途端に面白くなる。ことば
には言霊がついているから、ことばを大事にしたい。◆あなたと会えて良かったと言って貰え
る人になりたい。
(S)
 
「和の輪かわら版」バックナンバー
創刊号 ・第2号 ・第3号 ・第4号 ・第5号 ・5周年記念号  ・第6号 ・第7号
第8号 ・第9号 ・第10号 ・第11号
▲pagetop