和の輪について
[歴史]  [ロゴについて]  [予定表]  [和の輪新聞]  [和の輪会報]
[プレス]  [プロモーションビデオ]  [会員&寄付募集]  [定款]


「和の輪かわら版」 第11号(2011年11月24日発行)

城谷小夜子 We are together・・・・日本で共に生きる

NPO法人グローバルシアター和の輪
代表 城谷小夜子


みなさま、お元気ですか。
今年2011年(平成23年)3月11日を、私たちは忘れることはないでしょうし、復興は始まったばかりです。 多くの人が自分のこととしてこの災害を受け止め、一人ひとりがどう行動し、どう生きるのかを考えました。
54基もの原発!‥‥エネルギーのこと、命のこと、幸せってなんだろう‥‥TPP‥‥。
この世からいつかさよならしていく私。 与えられているこの命を寿ぎ、次世代に緑と水の国を渡して虚空へ旅立ちたい‥‥と、思っています。
和の輪が、大変お世話になった小松左京先生が、7月26日に亡くなられました。 中1で読んだSFがきっかけで、23年前に僥倖的な出会いとなり、以来、乙部さんのお陰で、小松先生の作品を「女シリーズ」をはじめ、たくさん舞台化させていただきました。 ありがたいことでした。
小松左京先生、ありがとうございました。
ご冥福を、心からお祈りいたします。
そして、来年2月、私はいよいよ国家試験です。 合格して、東洋医学と伝統文化を繋ぐ「新しい健康メソッド」を作り上げたいと思います。
 
日本文化で世界とつなぐ和の輪の2011年‥‥

1月〜 4月古事記研究会
3月〜12月「恵信尼さま」の舞台公演好評にて全国を巡演中
5月ハリウッド「アリガト会」旗揚げ公演『瞼の母』に出演
6月ボイストレーニング
9月〜10月近松門左衛門「日蓮記児硯」を上演
10月「江戸しぐさ」講演
11月「小松左京を宇宙へ送る会」常任理事で参加

▲pagetop

小松左京先生 7月26日宇宙へ旅立つ

≪小松左京マガジン追悼号より抜粋≫


小松:最近な、先に亡うなった友達がよう夢に出てきて、はよこっちこい言うてくれるねん。

Q:だれです?

小松:高橋和己とかな、半村良とかや。こないだ死んだ、今日泊亜蘭(きようとまりあらん)はんもや‥‥、 僕は、あの世て、ええとこやろなテ思てるぜ。はよ、行きたいもんや。

Q:あの世や、極楽なんて、本当にあるのでしょうか?

小松:僕はあるテ思てる。この宇宙はな、あらかじめ定まったサイクルを繰り返してんのや。 無限の過去から無限の未来へ果てしなく続いてまんのやデ。

Q:ニーチェの“永劫回帰”ですか?

小松:いや、僕のは釈尊の教えのほうや。“輪廻転生”いうやっちゃ。
“因果応報”“諸行無常”いうやろ。
人間である前に、一個の生き物として、自然にまかせるしかないやろ。 こればっかりは、なるようにしかならん。 けどな、今日死んだら、もう来週死ぬことはないしナ。 それでええんちゃうか。


小松左京マガジン
第43巻2011年10月28日発行1,000円
お求めは書店、またはアマゾンで。
定期購読ご希望の方は、和の輪まで。
年4回発行4,000円(送料込)

 
小松左京作品上演・作家の思想

小松左京事務所 (株)イオ 代表取締役 NPO法人グローバルシアター和の輪 副代表理事 乙部 順子私ども和の輪は、小松左京作品を積極的に上演して参りました。
生前、小松も、上演をみたり、稽古を聞いたりすることもあり、楽しんでおりました。
城谷小夜子は、今後も小松作品を上演していくといっております。
みなさまが、舞台や CD を通じて小松ワールドと出会ってくださることを願いつつ、つぎの小松作品の舞台を待ちたいと思います。 今後ともよろしくお願いいたします。

小松左京事務所 (株)イオ 代表取締役
NPO法人グローバルシアター和の輪 副代表理事 乙部 順子

小松左京作品上演・作家の思想
 
小松左京作品 C D
和の輪 製作〈 小松左京作品 C D 〉

「地には平和を」他3 作品C D 3 枚組み
小松左京氏自身の声による作品解説がはいっています。 5,000 円(送料込み)
※お申し込みは、メールまたはお電話ください。
info@wanowa.org 047-368-1361
ほかにも
「ハイネックの女」
「湖畔の女」
「流れる女」
「お選びください」
などを上演
▲pagetop

又村和樹さん、全米唯一の日本語劇団「アリガト会」をハリウッドで旗揚げ
2011 年5 月「瞼の母」を、急拠東北地震チャリティ公演に……満席!
又村和樹さん、全米唯一の日本語劇団「アリガト会」をハリウッドで旗揚げ 2011 年5 月「瞼の母」を、急拠東北地震チャリティ公演に……満席!またまた、ハリウッドで活躍するカズ・マタムラこと「かずちゃん」が、すごいことを始めました。
全米唯一の日本語で日本の作品を上演する劇団を立ち上げたのです。場所はハリウッド。
準備している最中に起きた東北地震。彼女の故郷は仙台。旗揚げ公演は、被災地へのチャリティ公演となりました。
わたしへの出演依頼は去年の秋。余震も続く中、行くことをめらいましたが、「おっかさん」役をキャンセルすることはできません。 原発事故で被害が大きくなる不安の中、日本に思いを寄せながらハリウッドへ。 大成功を収めることが出来ました。
カズ・マタムラかずちゃんはパートナーのカメラマン・マイケルと二人三脚で、アメリカと日本を結ぶ活動を始めています。 一緒にいると元気が出ます。
大和撫子の元気女優、ここにあり。十一月中旬来日。
▲pagetop


和の輪友の会のページ
 
ひとの環
 浅利香津代さんは、前進座のときに、ご一緒した大先輩の女優さん。 長い長いおつきあい。いつまでも美しく、はつらつと活躍されている。 秋田の日本舞踊を後世に伝えたいと、二年前「清香會」を立ち上げ、月に数日は秋田でお弟子さん達に教えている。
十月には、東北復興支援チャリティの文化公演会を大成功させた。 わたしにとって、永遠のあこがれの頼もしい姉さまである。
浅利香津代さん・賛助(女優・秋田出身)
浅利香津代さん・賛助
(女優・秋田出身)
▲pagetop

<出会い>
歌手 乃詠(のえ)さん
歌手
のえ
乃詠さん
 「恵信尼さま」を作るとき、歌ってくれる可愛い人が欲しかった‥‥品があり、素直で、感性豊かで、ピュアな人を求めた。
スタッフの中島しげおさんとユニットを組んでいる「乃詠さ
ん」のことを思い出した‥‥。のえちゃんに頼もう‥‥そして、
素敵なテーマ曲ができあがった。
彼女は、努力家である。わたしの要求に応えようとけなげだ。
姿も美しく、可憐で、なにより素直な心が「恵信尼さま」の
舞台を高めてくれている。のえちゃんは、ますます輝いて歌い続けるだろう。12月にまた一緒に舞台を作る。楽しみだ。
▲pagetop
ご挨拶

和の輪 友の会担当 荒武恵美子(理事)和の輪 友の会担当
荒武恵美子(理事)

 日頃お世話になっているみなさまに、心よりお礼申し上げます。
至らない点も多々あるかと思いますが、みなさまのあたたかいお言葉で、お蔭さまでなんとかつとめさせていただいています。これからも一所懸命会員の皆様に喜んでいただける企画を催していきたいと思っています。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

和の輪 顧問 米津 千之和の輪 顧問
米津 千之せんじ(99)

 古事記研究会を毎月楽しみにしていた。 今はちょっと小休止だが、来年から再開するというので、今から心待ちにしている。
元気はつらつと、こころを期待に膨らませ、日々を暮らす。
何を見ても美しいと感じる、今日この頃である。
みんなと会い、仲むつまじく語りあう。嬉しいことである。
いつでもうちにお出でなさい、大歓迎だ。 (国文学者)
▲pagetop

和の輪への応援、どうぞよろしくお願いいたします

和の輪は、日本文化を学び、育て、世界へ発信しています。
明るく、朗らかに、高らかに・・・・来年からは、いよいよヘルス・アートの活動を始めます!

◆活動は、みなさまからの会費と寄付で運営されています◆
正 会 員 1000 円/月 (年1万2千円) 賛助会員 500 円/月 (年6 千円)
法人会員 3000 円/月 (年3 万6 千円) 特別会員 5000 円/月 (年6 万円)
【郵便振替口座番号】 00100-3-551734 【口座名義】 NPO 法人 グローバルシアター 和の輪

◆ 自動引き落とし会員大募集中
◆ 寄付はいつでも大歓迎

〒102-0075 東京都千代田区三番町3−9−702 (株)イオ 内
電話 03-5988-9131 FAX 03-5988-9133 info@wanowa.org

▲pagetop

2011年12月14日名古屋で「恵信尼さま」を上演させていただきます。

2011年12月14日名古屋で「恵信尼さま」を上演させていただきます。

▲pagetop

 
「和の輪かわら版」バックナンバー
創刊号 ・第2号 ・第3号 ・第4号 ・第5号 ・5周年記念号  ・第6号 ・第7号
第8号 ・第9号 ・第10号 ・第11号
▲pagetop