和の輪について
[歴史]  [ロゴについて]  [予定表]  [和の輪新聞]  [和の輪会報]
[プレス]  [プロモーションビデオ]  [会員&寄付募集]  [定款]
平成21年度 (2009年)
第10回 NPO法人グローバルシアター和の輪 総会
 
 平成22年(2010年)3月24日 和の輪本部にて開かれました。総会は、成立し、以下のような内容で、審議され、承認されました。

1 代表挨拶
2 平成21年度 活動報告
3 平成21年度 会計報告
4 平成22年度 活動計画
5 平成22年度 予算

 
1 代表 城谷小夜子 挨拶

  和の輪の活動を理解し、会員として会費を納めてくださっている皆様、運営を引き受けて下さっている理事の皆様 本当にありがとうございます。
 皆さまの応援がなかったら、活動を続けていくことは出来ませんでした。
 2001年6月18日にNPOとして発足し、2002年2月27日に東京都よりNPO法人として認証を受け、 日本伝統文化の普及と継承の活動を続けて参りましたが、来年いよいよ丸10年になろうとしています。
 日本経済が、世界経済の影響を受け、不況といわれて久しく、人々の心に不安が蔓延しているように見えますが、 こんな時代だからこそ、日本人の持っている知恵と文化を普及し、感動を感じていただくことで、 元気に明るく充実した人生作りのお手伝いをさせていただきたいと思います。
 日蓮や親鸞が生きた時代は、悲惨でした。しかし、その中にあって、 日本人は華道や茶道や武道や書道や歌や絵や、能・狂言、歌舞伎・文楽を育て、「お心肥やし」を続けてきた民族です。
 日本人のDNAには、美しいもの、清々しいものに対する美意識と真贋力があるのだということを、 こころを込めて、伝え続けたいと思います。
 日本伝統文化と東洋医学を組み合わせた、新しいプログラムを2年後には、和の輪として世に提案していきたいと考えています。
 平成22年の本年も、コツコツを、誠実な活動を続けていきたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 
2 平成21年度(2009年) 活動報告

和の輪は、日本の伝統文化を未来へ継承し、普及活動を通して、人々のからだとこころの健康に寄与します。

1月  会報発行
新年会
古事記研究会が始まりました。毎月1回
同朋大学市民講座 「東西の賢い女」
2月  第99回 女義太夫の会に出演(大阪文楽劇場・人形浄瑠璃因会)
近松門左衛門原文上演第5作目として「日蓮さま」 妙成寺へ奉納
3月  朗読と浄瑠璃の会 「無口な女」
4月  全国舞踊コンクール 創作の部で第1位
「日蓮さま」妙成寺にて初演
第9回 総会
5月  朗読と浄瑠璃の会 「流れる女」と「八百屋お七」
7月  朗読と浄瑠璃の会 「旅する女」と「日高川」
10月  「日蓮さま」妙法寺にて上演
朗読と浄瑠璃の会 「写真の女」と「若竹物語」
井口先生による出張治療はじまる(米津先生宅)月1回
12月  望年会

※講演会も多く依頼があり、教育委員会や朗読の会の主催で招かれました。
テーマは、「感性を磨く」「ボイストレーニング」「江戸しぐさ」「うつを学ぶ〜入門編」「もっと魅力的になる魔法のレッスン」など、ストレスと、自己表現のテーマが人気です。

※特記として、城谷が、東洋医学の勉強のため、2009年4月より東洋医療福祉専門学校(埼玉県吉川市)に入学しました。 平成24年2月に、国家試験を受けて、国家資格を取得しますが、いよいよ、伝統文化+ヘルスアートの普及活動がはじまります。

 
4 平成22年度(2010年) 和の輪事業計画 

和の輪は、平成22年度も、引き続き、
日本の伝統文化を未来へ継承し、普及活動を通して、人々のからだとこころの健康に寄与します。

【伝統文化は】

1.小松左京女シリーズ

1月30日「ハイネックの女」上演しました。
12月予定 「湖畔の女」「歌う女」「秋の女」いずれか
★小松左京女シリーズ10作品を、好評につき、CD化を計画中です。

2.浄瑠璃鑑賞会

1月30日 「四季の寿万才」を上演しました。

3.「恵信尼さま」

3月30日プレステージ 東京
5月8日 広島 初演
6月27日 北勢市民会館(さくらホール)にて
※全国公演受付中

4.近松門左衛門「日蓮記児硯」より「日蓮さま」

第2弾 伊豆の法難」「由比ヶ浜の段」「泣き銀杏」「佐渡の段」創作
★近松門左衛門第6作目は「西行」を考えています。パリでの上演は3年先になります。

 

【学ぶ】

1.古事記研究会は、練馬の顧問宅で月1回 継続
2.義太夫体験教室を計画中
3.日本舞踊体験教室 計画中
4.ボイストレーニングと話し方教室 計画中

 

【友の会活動】  ※健康

1.井口先生による鍼治療
古事記研究会の前、午前9時半から11時
予約5名 まで047-368-1361

2.砂療法
7月20日頃  4名(女性会員。城谷が指導します。)
千葉の白子海岸あたり。1泊2日の日程です。 東城百合子先生の砂療法です。女性会員に日程が決まり次第連絡予定。(男性会員の方で希望があれば連絡下さい。)

3.秋に、金沢・宝泉寺さんでの八千枚護摩のお手伝いをさせていただきます。

4.会報の発行 12月予定

5.旅へのお誘い

6.1月の新年会と、12月の望年会 
★子ども達に、日本文化を体験してもらうことも必要だと考えています。

   
  >>平成20年度事業計画はこちら
>>平成19年度事業計画はこちら
▲pagetop