和の輪について
[歴史]  [ロゴについて]  [予定表]  [和の輪新聞]  [和の輪会報]
[プレス]  [プロモーションビデオ]  [会員&寄付募集]  [定款]
和の輪のロゴマークとの遭遇物語
『和の輪』という「ことば」が「かたち」とついに出会いました。受精から誕生までの4年にわたるお話です。
 
2000年2〜3月
わたしが前進座を退座することを決意し、劇団からの承認をまっていたとき、友人の小林光恵さんの家に泊まりに行きました。
光恵さんとはいろんなことを話し合える友人で、その夜も、前進座をやめた後、義母の介護をしながら何ができるのかなぁ、とぼんやり考えてました。まず名前を決めました。いくつか名前を書き出して、二人そろって「和の輪がいい」と思いました。
 
2000年6月15日
前進座を退座。
 
2001年2〜3月
JUCEE(日米コミュニティ・エクスチェンジ)のNPOインターンに参加し、サンフランシスコのジャパンタウンにあるAATC(アジア系アメリカ人シアター)という劇団でインターン。
 
2001年6月18日
日本の文化を世界に発信していこうという和の輪が誕生。
10月 東京で旗揚げ公演。
 
2004年11月27日
ロサンゼルスのコンベンションセンターで行われた第25回ジャパンエキスポに、和の輪の姉妹劇団のシークレット・ローズ・シアターのブースの手伝いをした。
2日間のお祭りが終わり、片づけていたとき、シークレット・ローズ・シアターの代表であるカズ・マタムラさんが、「小夜子さん、いい字を書く青年がいるわ」といった。
片づけが終わりかけの彼のブースにたどり着き、見た瞬間、この青年はすごい、と思った。
八戸香太郎・・・という札幌で生まれて、京都で修行している人。
「僕は動く線に興味があります。動く線が僕です。動く線に命をかけてます。」
このことばを聞いて、私は感動していた。
「私は和の輪っていうグループやってるんです。」
「あ、その”和”と”輪”は語源が同じなんですよ。」と、自分の作品集を出してきて、見せてくれた。
「人が手をつないで輪になっていて、真ん中に屋根があって・・・南山に雲起きて 北山に雨下す・・・万物はつながっているという意味でこの言葉を添えました。」
背中に電気が走った。
ついに見つかった!
和の輪のロゴマークにさせていただくことで話が決まり、別れ際に「その作品あったらくださいね〜」と声をかけた。「あるかな〜」と彼。「あったらよろしく〜」といって別れた。まさか、ロシアのサンクトペテルスブルグの美術館にすでに売られたものとは知らずに・・・
わたしはカナダに、彼はNYに行った。
 
12月10日
NYの香太郎さんからメールが届く。
「ロゴの元になる作品本体は一度ギャラリストに売っていますが、いまストップの要求をしてチェックしてもらっています。

  http://www.dutsu.com/gallery/index.html
  http://www.dutsu.com/persons/hachinohe.html

もうしばらくお待ちを。。。」
彼の他の作品をみて仰天する。
 
12月24日
「ギャラリストから買い戻した」とのメールが来た日に、和の輪のロゴくんは手元に届いた。
ロシアのサンクトペテルスブルグを経て、傷1つなく、シンプルでしっかりとした額にはいって婿入りしてくれた。
彼がこの作品を、2000年に製作していたことを知り、またまた仰天。
 
2005年1月3日
プラスのエネルギーの強い関係者たちが集まり、和の輪の事務所に額を掲げる儀式を執り行った。
篠田先生が、玄関にも和の輪のロゴマークを入れた看板を取り付けてくれた。
全てがぴたりと収まりなんだか気分が良かった。
参加者は、国文学者で、和の輪顧問の米津千之先生、千葉工大の篠田裕先生、松戸の阿部京子さん、和の輪理事の古仲裕二さんと荒武恵美子さん、美容師の仲沢祥子先生、つくば大学医学部の学生・石川みがきくん、和の輪代表の城谷小夜子。少し遅れてすばらしい葬儀社の滝本昌二・千代夫妻も赤羽から参加してくれた。
 
1月8日
京都で八戸香太郎さんと再会。大いに語り合った。
このロゴの製作が全く同じ月だとわかる。「このロゴは小夜子さんを追って、サンクトまで行ったんですよ」本当にそうかもしれない。
 
和の輪くんがきてくれてからというもの、事務所の守り神さんができたように、いろんなことが運んでいく。
▲pagetop


ロゴマークについて
和の輪のロゴについて、まず一文字一文字の意味を説明します。
 
ロゴマーク
 
和 禾と口を組み合わせた形。禾は標識の木の形から来たといわれる。口は神へ祈りを行う際の文である、祝詞を入れる器の形。つまり、和は神への誓いとして札を立て、器の中に宣誓文を入れて、お互いを許し媾和する、という意味がある。
輪 車と侖からきた文字。侖は輪のようにひとつながりになったものをいう。車の車輪を輪ということから、「わ、くるま」の意味となり、車の車輪のように「めぐる、まわる」の意味となって、「まわる」の意味にも用いるようになった。

ロゴになった書は、これらの資料を踏まえた上で象形文字を書き、そこからイメージを膨らませて創りました。「和」と「輪」。「和」はお互いが手と手を取り合っている様を表し、それが円形に広がっていくことで「輪」になる。そうすることで一つは全体になり、全体は一つになる。つまり 、どちらも同じなんですね。だから、添えた文章も、


「南山に雲を起こし、北山に雨を下す」


としました。南の山に雲が広がれば、必ず北の山には雨が降ってくる。つまり、すべての生物、すべての物事は独立して存在しているのではなく、常に関係し合って存在していて、お互いの働きがお互いを助けあい生かし合っている、それを忘れてはならない、という意味です。私はこの事が現代にとって、とても重要な事のように思います。そう考えて2000年に制作しました。

願わくば、「和の輪」が世界に向かって、どんどん大きな輪になって行って欲しいと思います。今回は自分の作品が、何か必然的に居場所を見つけた、という感じです。どうかかわいがってやってください。
 
八戸香太郎
▲pagetop



和の輪ロゴ


和の輪のロゴが決まった瞬間
2004年11月27日LAで


八戸香太郎さんは2000年に和の輪というロゴを作っていた


事務所に和の輪のロゴマークをかけました


八戸香太郎さんの作品 LAで


京都仁和寺の五重塔
八戸香太郎さんと